新着Pick
15Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
デブリ管理に関しては色々なアプローチがあります。デブリを監視する(&避ける)、デブリを除去する、そもそもデブリが出ないようにする。デブリ除去はActive debris removalと言われ、出ないようにするのがPost mission disposal(ミッション終了後の軌道離脱)です。日本からはアストロスケールを筆頭に、ALE、スカパーJSATなど色んな企業がこのデブリ分野に取り組んでます!
この記事で紹介されていること自体は、既知のことである。今回の衝突痕も直径5mmとあるので、1mm以下の物体が衝突したのであろう。そのサイズの物体が衝突しても致命的な破壊がおきないよう宇宙ステーションは設計されている。

デブリが増えているということも事実である。一方、パニックになる必要もない。デブリの衝突痕が見つかるのは昨日今日で新たに起こったことでもなく研究と対策が進んでいる。
関連記事一覧
中国独自の宇宙ステーション建設開始 コアモジュールの打ち上げ成功 近く有人宇宙飛行も
sorae 宇宙へのポータルサイト
50Picks

野口聡一さん 国際宇宙ステーション離れる 午後にも地球に帰還
NHKニュース
28Picks

宇宙ゴミが国際宇宙ステーションのロボットアームに衝突
ニューズウィーク日本版
14Picks

国際宇宙ステーションに太陽電池パネルを増設、打ち上げは2021年から
sorae 宇宙へのポータルサイト
8Picks

スペースXが民間宇宙飛行士を国際宇宙ステーションに運ぶミッションを2023年までに4回予定
TechCrunch Japan
6Picks

2021年「宇宙の旅」がいよいよ本格化!宇宙ビジネス驚き最前線 - DOL特別レポート
Diamond Online
5Picks

NASAとAxiom Spaceが初の民間人のみによる国際宇宙ステーションへの宇宙飛行について発表
TechCrunch Japan
4Picks

前澤友作氏、12月にソユーズ宇宙船で国際宇宙ステーションへ アシスタントの平野陽三氏も同行
sorae 宇宙へのポータルサイト
3Picks

「中国の宇宙ステーションが完成へ」日米欧が後塵を拝するようになった根本原因 - 新技術より「枯れた技術」を磨き込む
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
3Picks

スペースX打ち上げ、星出さんら4人が国際宇宙ステーションへ
Reuters
3Picks