新着Pick
120Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アップルのBEV進出は、パンドラの箱を開けるような危険な香りがする。CNやLCAを考えると、BEVはさほど魅力的ではないと思うが。
Appleは、サプライチェーンも含むカーボン・ニュートラルを強力に推進しているので、中国での製造だと難しいでしょうね。

それが「米国で生産」という条件の理由になっているように感じます。

Appleが本気で「カーボン・ニュートラルなクルマ」を創るとしたら…そこに、さまざまな課題が立ちはだかるでしょう。

Appleであれば、乗り越えられるかもしれません。

「Apple Car」は、案外、見た目や構成は普通(というか、想定内のApple度)ではあるが、実は、カーボン・ニュートラルを実現している…というものかもしれませんね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
CATLもBYDも中国の大手電池メーカー。
アップルは電池まで自社製でやっていくという考えはないようで、これからもどんどん中国の電池メーカーと協力していくだろう。
電池の新しいサプライチェーンを作っていきたい日米政府はどう見るでしょうね。
Apple Carの影響がどこまで起きるのかわからないけど、少なくても既存自動車メーカーはより一層バッテリーの調達が厳しくなると思う。Appleはおそらく大型の調達契約を締結すると予想されるので…。
ホントにEV作るつもりだったんだ
アップル(英語: Apple Inc.)は、iPhone、iPad、Macintosh (Mac)、その他ウェアラブル製品や家庭向けデジタル製品、それら諸製品のソフトウェアなどを開発・販売している多国籍企業である。2007年1月9日に「アップルコンピュータ」(英語: Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
266 兆円

業績