新着Pick
196Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
本日(6月8日)の午前中は、売り手と買い手の均衡点が見つからないため価格がつかず、午後になって値幅制限の上限「ストップ高」である1,500円(+19.35%)の上昇、1株あたり9,251 円となりました。

株価は、その時点で明らかになっている情報を織り込んだうえで、売り手側と買い手側の価格の均衡点で決まります。本日、大幅な値上がりとなったのは、市場に織り込まれていない新しい出来事「サプライズ」があったからです。昨日、米国FDAは、同社の「アデュカヌマブ」について、医薬品としての承認を行いましたが、事前の予想で「承認されない」との見方が大勢であったことが裏付けられた形です。

「アデュカヌマブ」は、アルツハイマー型認知症の原因物質とされるたんぱく質「アミロイドβ(ベータ)」を除去する効果があるとされる医薬品で、従来の医薬品(やはり主なものはエーザイが開発)が原理的に進行を抑制することが限界であるのに対し、原理的に進行原因を取り除くことができるという性質をもつ点で画期的とされます。

治療の選択肢が増えることは望ましいのですが、当薬剤に関しては、実施された臨床試験の成績が微妙でした。一番の問題点は、当初計画した臨床試験計画では、効果があると判断するために必要な「統計的有意差」が出なかったたのですが、事後的に特定の対象で集計し直して「結果を出した」ところにあります。抗体医薬という領域の価格が高い医薬品を、(この臨床成績で)費用対効果を重視する米国が承認するということが「サプライズ」でした。

当医薬品の治療費は、年間5万6000ドル(約610万円)と企業から発表されており、当該領域の医薬品の性質上、生涯投与し続ける必要があります。アルツハイマー型認知症の患者は非常に多いことから、患者数から判断して、当医薬品の売上額は全世界で、年間5000億円~1兆円以上と思われます。この市場性の大きさを背景にもつ(ポジティブ)サプライズが本日の株価高騰につながったわけですが、今回の「承認」には、今後行われる「市販後調査」で見込み通りの有効性が出なければ取り消すとの条件が付けられている「特殊な承認」のため、もし(ネガティブ)サプライズが見込まれる状況になると、今回上がった株価はもとに戻る動きを見せます。
今回の件で内藤さんは少し枕を高くして次世代へバトンを渡すことになるのではないでしょうか。
アメリカではBiogenは+38.34%だったし、今日はこうなるだろう。

ちなみに、それでも今日約23万株ほど売買が成立している。日々、取引量は上下するが、目分量でざっくり100万株くらいの出来高の株(50~150万株くらいの日が概ね)。
まだ上がる蓋然性が高いのになんで売買成立するかというと、指数ベースの運用で売りがある場合は、指数の構成比に沿って売るため(多少乖離することもあるが…)。それは引け(15時のその日の最後の取引)近辺でやるので、ストップ高・ストップ安でも、引けで多少の売買が発生して、今日もそうだった。
んー ちょっとサカナくさいですねぇ。。。

https://www.nytimes.com/2021/06/07/health/aduhelm-fda-alzheimers-drug.html

↑引用
「The F.D.A. advisory committee, along with an independent think tank and several prominent experts — including some Alzheimer’s doctors who worked on the aducanumab clinical trials — said the evidence raised significant doubts about whether the drug is effective. They also said that even if it could slow cognitive decline in some patients, the benefit suggested by the evidence would be so slight that it would not outweigh the risk of swelling or bleeding in the brain that the drug caused in the trials.」
日本を代表する名経営者のお一人である内藤さん。これまで内藤さんが株主総会で語られたご様子は、オンラインで誰でも視聴できます。ぜひアーカイブを観ることをお勧めします。ビジョンが明確であり、お話ぶりにも非常に説得力があります。経営者がお手本にすべきものではないかと思います。リーダーの揺らがぬ姿勢が根底にあってこそ、今回の成功も得られたのでしょう。
つい先日、アルツハイマーを長らく患っていた義父が亡くなりました。
発病してもうかれこれ10年以上、最初はちょっと物忘れぐらいだったのが、だんだんはっきりと言動に出るようになり、私や周りの家族も分からないようになっていって、急に行方不明になって警察沙汰になったり、最後は何も出来ないようになって、倒れて逝ってしまいました。

小説「アリスのままで」でも克明に描かれていましたが、これはどんな聡明な人、天才でもかかりうる病気。病気になったら家族に迷惑をかけたくない。自分の存在を消してしまいたいと思ったとしても、それさえも叶わない恐ろしい病気です。

治療法らしい治療法がなく、この薬が上市されても状況はあまり変わらないのかもしれませんが、検査方法(こちらはかなり進むと思います)、予防(生活習慣病と関連があると言われています)そして治療法の進歩により、認知症を克服できる日が来て欲しいです。
別記事での山田PROのコメントを読むと、手放しで患者に薦められる新薬でもないような。
日本で上市すれば公的医療制度は破綻必須。抜本的な改革にに残された時間は多くありません。
われらが一瀬社長率いるペッパーも地味にS高でした*(^o^)/*
エーザイ株式会社(Eisai Co., Ltd.)は、東京都文京区小石川に本社を置く日本の医薬品メーカーである。 ウィキペディア
時価総額
2.76 兆円

業績