新着Pick
481Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
iOS15の新機能についてはすでに色々コメントされているので、今回iOS15の発表と合わせて日本向けに新たに対応可能になった目玉機能をご紹介しましょう。
それはiPad OS14の新機能だった、手書き入力を日本語にしてくれるスクリブル(Scribble)
今までは英語と中国語のみに対応だったのですが、ついに日本語にもネイティブ対応することが発表されました。
アプリによっては似たようなことができますが、スクリブルはOSのネイティブ機能なので、ともかくテキスト入力欄さえあればどこでも使えます。
テキスト欄にApple Pencilで書き始くだけ。モード切り替えとかもないです。
これでApple Pencilの入力が捗ること間違いなし。

ということで、これから新型iPadを買いに行っています。
結局、iOS15をはじめとするOSのみの発表でした。WWDCなのでハードウェアが発表されることはほとんど無いので当然のこと、今回のアップデートはiOS14の改善に止まっているようです。FaceTimeがAndroidやWindowsでも使えるというのはiOS間でしか使えなかったから使っていたビデオ会議アプリを置き換えることも考えられます。そして、発表会全体を通してApple Musicが強調されていたので、Apple Musicのアップデートもそろそろあるのでしょう。
1ヶ月以上経って、未だiOS14.5の導入率は20%未満程度だけど、一般ユーザーにも分かりやすい機能変更があるiOS15の普及でIDFAの取得率は一気に低下するかも。
日本でFaceTime がどれぐらい使われてるのかにもよるかな。
【追記】
弊社独自調査ですが、先週末辺りからiOS14.5以上のユーザー比率がかなり増えてます。iOS14.6が増えてるので、端末からの通知バッジの影響がありそう。通知バッジが表示されない限り、OSのアップデートをする人は2割に満たない程度とも言えそう。
当地時間夜8時とちょうど良いタイミングで、2時間しっかり観ることができました。

FaceTimeは完全にZoom潰しですよね。こういった「後出しジャンケン」なのに先進性をうまく演出するのはAppleらしいなと思います。

異なるOS間をシームレスに行き来する仕組みなど、非常に興味深いものがたくさんありましたが、ハードに関して何らかのヒントがなかったのは残念です。

最近出たばかりのM1 iPad Proを活かすような話題(例えば、Final Cut Pro Xなどのデスクトップアプリの完全動作など)も出てこず。2018年モデルを使っている自分としては、新製品に嫉妬せずに済んだのでホッとしていますが、全体的に「秋の実装まで待てない!」というほどのワクワク感がなかったのは寂しい限り。

個人的にはVPN的な新サービスを含むiCloud+に期待しています。
iPhone 6sのアップデート対応は、長く使えるとアピールするのに良い材料ではあるけど、一番に近いくらい売れているから切りにくい、という理由もあるんだろうか。
新しい端末の発表もあれば嬉しかったのにーという印象。ただiOS15は、コロナ禍で進化したオンライン通話にFaceTimeも落ち着いてきましたね!スクリーンシェアを通じで、ビデオのシェアもできるのはいいですね。友達や恋人と、映画や音楽などを電話しながら楽しめるって最高のエンタメですね。早く試したいです!
日本ですぐに使えるのは、Facetimeと通知のまとめ機能ですかね。大きな進歩ではないように感じますが、細かいところチューニングしてきた感じです。
下馬評通り身分証に対応。ISO18013対応ちゃんと考えないと
ラジオのリモート出演で音声の質を考えてFaceTimeが利用されていることが多いと思います。今回のアップデートでOSを問わず、多くの人がアクセスできるようになってくるとリモートでのラジオ出演の幅が広がりそうな気がします。
Share playのような機能があったらいいのになと最近思っていた所なので、個人的には朗報です。

ずっと存在は知っていたものの影の薄かったFaceTime。
ビデオ通話のシェアは変わるのかどうか
Apple Inc. (アップル)は、カリフォルニア州クパチーノに本社を置くアメリカ合衆国の多国籍テクノロジー企業である。デジタル家庭電化製品、ソフトウェア、オンラインサービスの開発・販売を行っている。 ウィキペディア
時価総額
266 兆円

業績