新着Pick
124Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
いまやあまり語られないが、クーパンが初期になぜ人気に火がついたのか。確かECで購入できる数ある商品の中で、あえてオムツを値引いて、屈強なクーパンマンが主婦層に届けていたのを覚えている。スーパーマーケットの一番奥に人気商品を安く置いて、動線を確保するやり方に似ている。創業フェーズは、このようなちょっとした戦略とほとんど運が功を奏すか否かだろう。これを今のEC隆盛時代で再現するのは難しいので立ち上がりは、マーケティング費用がかさむのが想像される。

日本も韓国と似た人口が密集した島なので、物流拠点で面を捉え、配送員を配置するという高コスト構造は実現可能。ただ整理整頓を好む日本人にきちんとしたサービスを提供するアマゾンとポイント大好きな層を巻き取った楽天に食い込むには相当時間を有するだろう。
クーパンが東京の品川区で試験運用していることも含め、クーパンの日本市場進出については、間違いなく行う方向で動いていると思いますが、Amazonが進出していない韓国市場と、Amazonが定着している日本市場との戦い方は違うということをクーパンも認識しているはずです。

日本市場本格進出のためには(今までのクーパンのやり方だと)巨大な初期投資が必要だと思いますし、サービス面でアマゾンや楽天との差別化をどう作っていくのかも考えていると思います。

しかし、韓国と比べ、消費者の購買行動がオフライン店舗を好む傾向もあるため、ECの便利さ、もしくはクーパンの一番強みである配送スピードだけで日本で勝負かけることは非常に難しいのではないかと思いますね。
狭い国土に縦横無尽に道路が張り巡らされている韓国に比べると、日本での物流は非常に広く感じます。韓国の国土の中央に物流拠点を置けば済州島などの島を除き、24時間以内の配送が可能です。日本では物流拠点を複数配置する必要があって物流網の構築は数倍時間がかかります。それに加えて日本人向けにローカライズする障壁があるため、Amazonや楽天をどのように切り崩して行くのか、課題は山積みでしょう。

日本では「韓国版アマゾン」と紹介されることが多いのですが、外資の進出に制限が多くアマゾンが進出せず、クーパンが生き残ってきた経緯があります。クーパンのドライバーがイケメンばかりといいうことも話題になった時期がありました。
中国や韓国のようなデリバリー革命によるEC革命は日本では人件費&配達員確保の観点で難しい可能性が高いでしょうね。
孫さんが日本への進出を明言していなかったのは、「ロケット配送」が対応できないとの懸念が会ったからでしょうか。クーパンは自身の最大の武器である「ロケット配送」を構築できるのか?日本ではかなり難しい気もしますので、既存の勢力を上回るのはかなり難しい気がします。
置き配に関してはコロナ禍で日本でも主流になってきた印象はあるので問題ない気はします。
物流部分と、そもそもAmazonがある中でわざわざクーパンを使う理由があるのかどうかが日本進出の鍵となりそうです。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、Apple、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
202 兆円

業績