新着Pick
68Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
『加藤氏は7日の記者会見で「海外の動きにしっかりと対応できるように検討を進めていきたい」と語った。(記事から引用)』
それならば、紙の証明書ではなく最初からデジタルパスを導入すべきだと思います。
また、ワクチン接種歴だけを証明する以外にもEUのデジタルグリーンパスのようにCOVID-19から回復したかや、PCR等検査の結果も合わせて証明するタイプが必要ではないでしょうか。

『一部の国では「未接種者への差別につながる」との懸念も出ている。(記事から引用)』
欧州では感染防止に対する疑念や個人の自由と権利の制限が差別になるなどの理由でデジタルグリーンパスに対して少なからず異論が出ているのは事実です。今後、日本がワクチンパスポートを導入するにしても未接種者への対応は大きな課題となりそうです。
「相手国のワクチンパスポート保持者をどのような条件で受け入れるかについて、今後、各国と交渉」。ワクチン接種者も関係なく、捕捉しない形での中途半端な自主隔離を求める現在の渡航管理を早々に改善してもらいたい
EUは7月からデジタルCOVID証明書の運用を開始する予定で、ドイツなど7か国が6月から先行運用すると報じられています。人流が回復した時の切り札と見て中国は早々に開発を始め、米国も追っている。「接種時期やワクチンのメーカーを明記する方向で」とありますが、中国が早々にワクチンパスポートの開発に着手したのはたぶん、中国式を世界標準にして中国製のワクチンを認めさせるといった思惑があったからでしょう。
『一部の国では「未接種者への差別につながる」との懸念も出ている』とありますが、米国の一部の州などの動きはともかく、そうした声が一番強まりそうなのはメディアが無制限な公平と平等に重きを置いて世論を形成する我が国であるように感じます。日本の検討開始が遅れた背景には、そうした声を怖れる関係当局がワクチン同様先送りした面もありそうです。ここで出遅れたら、ワクチンに次いで我が国は世界の人流再開に乗り遅れかねません。積極的に使えば国内の人流の早期再開とワクチン接種の誘引としても有効です。
「主にビジネス往来の円滑化」といった制約を課して数を制限して「まずは紙の証明書を発行。将来的にスマートフォンのアプリで管理することを視野に入れる。」というのでは、余りにのんびりしすぎていませんか? 枠組みが完成していれば、接種したその場でスマホのワクチンパスポートに記録を残すことだって出来たはず。早急に追いつく必要がありそうな・・・ (・・;
ワクチンパスポートの発行について、夏にも「海外渡航者向けに発行し、主にビジネス往来の円滑化を図る」とのこと
「接種時期やワクチンのメーカーを明記する方向で、まずは紙の証明書を発行。将来的にスマートフォンのアプリで管理することを視野に入れる」
ラジオ体操のハンコみたいなのでいいから、さっさと証明できるようにしてくれ、と笑