新着Pick
718Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これはとっても興味深い事業。創業者の目利きをどう一般化するかということなんでしょうが、4000社くらいのデータで無担保で貸せるのはすごい。VCのように1発当たって200%リターンではなく、薄く広く貸すことでリスクヘッジしているんでしょう。まだ試行錯誤のステージではあるのでしょうが。日本の消費者金融とかもぜひ取り組んだらいいのでは。

日本もスタートアップブームだから、「マネーの虎」は復活したらいいのにとふと思いました。
今日のポッポーは、ちょっとギャグ抜きで、知ってほしい会社です。Clearco(元ClearBanc)は、まったく新しい形で、スタートアップに資金を提供するユニコーンです。過去にテッククランチでは、「VCをディスラプトするVC」として、取り上げられています。

創業者のミシェルさんは、日本でいう「マネーのトラ」のカナダ番に出演していた、審査員のひとり。山あり谷ありの連続起業家でもある彼女は、新しいスタートアップたちが、オンライン広告などのために、自分の株を切り売りして、お金を借りなければいけない状況がおかしいと思っていた。

そこで、D2Cのスタートアップなどをまず対象に、株式を奪わず、ものすごいスピードで成長資金を融資する、テクノロジー企業を立ち上げました。融資したお金は、FacebookやGoogleを通じた広告費に使われる事が多く、そのデータ分析能力も提供しています。

シリコンバレーでは、GAFAがあらゆるスタートアップを買収し、その成長資金も広告費として吸い込むパワーが強まるなかで、株という虎の子を奪わず、スマートに新しいスタートアップを生み出すこの企業、ぜひ知っていただきたいです。

先月、わたしどもNewsPicksは創業者にインタビューもしています。
我々の投資先でもあるClearcoですが、スタートアップエコシステムを拡大するとてもユニークなフィンテック企業です。

お金を貸し出すだけでなく、そのプロセスを通して、どの業界のD2CブランドやSaaSスタートアップが、何にどのくらいお金を使っているか?というベンチマーク情報も積み重ねています。こういったベンチマーク情報に基づく付加価値がClearcoの強みの一つになっています。

フィンテックと異業種(小売、SaaSビジネス)の組み合わせとしてとても面白いですし、今後の大きな成長が期待できる会社です!
VCからお金を資金調達、という話ばかりを追いかけていますが、考えたら、VCから資金調達するまでもない起業家がたくさんいるのですよね、と改めて感じました。コロナでデジタル化が進むなか、Eコマースの起業家にはかなりありがたいサービス。

また、起業家は資金を得られるだけでなく、実はどこにその資金をつぎこむとよいよ、とデータが教えてくれるアドバイスに価値を見出しているとのこと。最近、こんなビジネスがあったかー、という一つでした。
Clearcoは、すべてのスタートアップ起業家が抱えるペインを解決しようと生まれたサービスと言えますね。

伝統的な銀行融資でも、VCでもない、資金調達の第3の選択肢で、起業家が、自社株を切り売りすることなく、資金調達できる。

GAFAにお金と権力が集まる今、この状況に一石を投じるサービスであり、最高にクール。
面白いですね。株式を奪わないスタートアップ金融、データを担保とした小規模事業者向けサービス。従来のVCに対しては株式ではなく売上のシェアを、従来の銀行に対しては資産ではなくデータを担保にしている、という点でユニーク。

これができるのは、さまざまなスタートアップを自らが手がけてきた、見てきた、そしてそのペインを知っているからこそ。成熟しつつあるビジネスモデルや産業にも、こうしたイノベーションのタネはあるという好例。参考になります
ClearCoは最も注目を集めているFintech企業の一つで先日巨額の資金調達ラウンドをしたことでも話題になりました。弊ファンドの投資先でもあります。彼らは非常にセレクティブに対象顧客を選んでおり、それが急成長と成功の秘密でもあると思います。
最近、こういうデータと組み合わせたAlternative Lendingが増えてきている印象。SaaS特化したものではPipe、Founderpath、Capchaseといったものがある。
https://newspicks.com/news/5812616

創業の課題意識、例えば広告費用などのために株を切り売りするべきでないというのは共感する点。
個人的には、資本は資産になるものに投じるべきだと思っている。資本=調達側、資産=何に使ってそれが時間を超えて価値があるもの。会計の限界もあって、例えばブランド価値などはBSには買収してのれんとして顕在化するまでは載らない。また広告でも、早期に大規模にやるから立ち上がる(メルカリなど)などもあり、資産につながるものもある。ただ、継続的に必要なものは事業自体や事業を基にした融資から、非連続的成長のために必要なものはリスクを伴うし資本からと考えている。

ただ、形態としてはよくわからなかった。結局融資なのかそうではないのか。レベニューシェアだとすれば、どういう契約(何を便益として提供して、何をもって売上に計上するのか)だったり、弁済順位などがどうなっているか気になった。インタビューで詳細が窺えることに期待!
いい事業という意味がわかりました
お金を貸すとなると念入りな調査が必要で、その調査コストは馬鹿にならないはず。
Clearcoはデータドリブンでそのスピード(つまり調査コストも)を削減できているという話ですが、どのようなノウハウなんでしょうね。
将来のバリュエーションなどを測る必要がなく、短期での売り上げ予測程度だから問題ないという話なのでしょうか。
つまり、まったくのシード期には対応できないという気もしました。
株式の代わりに売上などのデータを担保に融資を提供するVC。システムをバックエンドからつないで6%前後を売上から強制返済させます。

返済義務がないようであれば面白いモデルかもですが、やはりタダ飯などないので決して安くはないですね。成功する前提か失敗する前提かによりますが。

ただ資金調達先がどこであれGoogleやFacebookに広告費を投入することは変わらないので、どこが深いいのかはよく分かりませんでした。