新着Pick
372Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2020年、ラテンアメリカへの投資は過去最高の488件に達しました。41億ドルが流れ込んだことになります。ソフトバンクビジョンファンドをはじめ、海外のVCたちのお金が入っています。コロナ禍でありながら、かなり好調。VCたちが、コロナでオンラインになり、海外案件への投資にさらに目を向けたことも後押ししているようです。

エンデバーは、誰もがラテンアメリカ、中東に可能性を見出す前に起業家を育てたこれまでの歴史があります。それが今、時代を経て起業家がそれらの地域から育ち、ネットワークを豊かにしている様子がよくわかりました。

Rappiも今は誰もが知る南米発のスタートアップですが、エンデバーで採用された時はその前身のGrability と言う企業でした。彼らのビジネスアイデアをさらにブラッシュアップさせるために世界有数のアクセラレーターのYコンビネーターに行くべきだと言って送り出したのもアレン・テイラーをはじめとするカタリストです。そこで今のRappiが生まれました。

VCやアクセラレーターの性格とは違う組織だからこそ、ライバルにはならずおいしいところを利用できるのも組織がうまく回っている理由なのだと感じます。

ちなみに、ハーバード大学合格より難しい(12%)エンデバー企業への選抜(2.3%)。日本からもWHILL、Sansan、ラクスル、ユーザベース、セブンドリーマーズが選ばれています。
エンデバーは日本にも拠点を置く世界最大の起業家支援NPOのひとつです。その投資アームがエンデバー•カタリストになります。

起業家支援というとみんなに平等に!という印象持たれるかもしれませんが、エンデバー本体のプログラムへの参加基準は極めて高く、各地域から支援対象に選ばれるスタートアップは数社です。エンデバー•カタリストに関してもアランが言っているように明確な基準を設けて投資を行っています。

エンデバー、エンデバー•カタリストは記事でも語られているように、ローカルなスタートアップをグローバルにするのをサポートしてきました。日本からもこういったエコシステムを活用して、ビジネスを拡大させるスタートアップアップが増えていくことを願いたいです。
『もちろん起業家が投資家を選ぶので、私たちが勝手に出資したいと思っても単純に叶うものではありません。でも、エンデバーに投資枠を用意したよと、声がかかるようになったのです。』
この言葉がとても印象的だし興味深い。Endeavorは、元々起業家を支援する組織。一方で資金を提供してリードしていく主体になると、その存在目的とは別の利害が発生するリスクが膨らむ。いわゆるプリンシパル・エージェント問題の一種だと思い、支援する存在からリターンを求める存在になってしまう。
一方で、相乗りで「お墨付き」という形での提供の仕方なら、そのリスクを相対的に薄めながら、シグナリングにもなる(記事冒頭にあるVCの決断の大きなプッシュになる、という部分)。そしてそこからリターンが出てくれば、それを基にVCとしてではなく起業家支援組織として、より支援を充実させられる。
新興国のスタートアップ投資はとてもハード。育てることを前提にしたVCとはユニークですね。このレポートに出てくるCheckout.comは2021年1月にも4.5億ドルを調達。総調達額は8.3億ドルになっています。

AdidasやSwarovski、Samsungなどのグローバル企業が同社のサービスを採用しています。
VC、CVC、NPO関係なく、何を提供し、どこのリスクをとるのか(事業、ファイナンス、特許など)が明確になるとラウンドに入りやすくなるし、リターンもついてきますよね。

ちなみに2018/08に日本でもモビリティ企業のWHILLに出資していますね(日本1号案件)。ただ、2020年からは外向けには何も動きがないですね。
https://www.endeavorjapan.org/pdf/pdf180918.pdf
エンデバーはジェイソングリーン等のKauffmanのボードメンバーも設立に深く関わった組織で、アランも含めて多くがKauffmanにフェローとして参加している関係で長い付き合いがあります。

エンデバーは各国の地場の有力な起業家、企業、政府とも連携し、起業家の支援を行うと同時にローカル経済をグローバルにつなげています。なかなか競争が厳しいプログラムですがぜひ日本からも参加者や支援者が多く出ると素晴らしいと思います。
日本ではどうなんだろう?
https://www.endeavorjapan.org
良いすね。「でも、エンデバーの起業家は、いつまでもエンデバーの起業家です」
この連載について
世界中のテクノロジーが集まる米シリコンバレーでは、今なにが起きているのか。NewsPicks編集部とシリコンバレー支局が総力をあげて、動画コンテンツでレポートする。