新着Pick
100Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
興味深い記事。食器のバリューチェーンが「採掘→製造→利用→廃棄」という直線的な図になってしまっていること、陶磁器の原料となる良質の土や石といった原料の枯渇が顕在化していきているために、サーキュラー・エコノミーの考え方の導入が必要なところは、他の業界にも共通しているところがあるかもしれません。

一方で多くの産業で「まずは回収・リサイクルから」と考えられがちな中で、ここでは耐久性・デザインを見直し長く使えるように設計する、原材料を持続可能なものにする、サブスクリプション、リカラー(リメイク)の導入等を含め、ライフサイクルの中で総合的にアプローチされている点が素晴らしいと思います。

なお、こちらの取り組みの他にも、使用済み食器を粉砕して陶磁器の原料に混ぜてリサイクルを行っているプロジェクト・地域があります。一般生活者に、「食器は不燃ごみへ」ではなく「食器は回収拠点へ」という考え方がより広く普及するとよいと思います。
https://topservice-nagoya.net/column/13436
とっても共感します!食のサステナビリティは「食器」からも!次の100年も必要とされる企業への変革を応援します!STAY GOLD!
老舗企業の不断の努力が綴られていますが、大局的には陶磁器に代わる食器素材のイノベーションが期待される段階では。セラミックとか、伝統的なものでは竹や錫も見直されていますよね。