新着Pick
145Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
思うのは、2010年代は脱原発が叫ばれながら水力・風力・太陽光などの代替エネルギー源が模索されました。けれども、少なくとも日本にとってR&Dの速さは「即・脱原発」には追いつかず、現実的なエネルギーミックスを提案するとやはり感情的には賛成できない人も多かった、という状況。時代はもう変わり、昨今の各国・企業の注力具合を見ると、原子力は新しい形でブームになるのでしょうね。断片的ながら参考情報:

【TerraPower, PacifiCorp】
ゲイツ氏とバフェット氏が関わるということで、英語圏のメディアはかなり盛り上がっていますね!昨年、米エネルギー省がTerraPowerに$80m資金提供。
【次世代原子炉】
●メリット:そもそも原発の安全性について、ゲイツ氏もチェルノブイリ等を見て懐疑的ではあったが(注:東日本大震災より前にテラパワー設立、東芝へも視察)、実は発電量あたりの死者数が最も少なくかつ脱炭素の観点から関心を持ったとのこと。原子力はゲームチェンジャーだ、と自信を見せる。軽水炉と異なり冷却にナトリウムが使用され、小型モジュール炉(SMR)を目指すので「次世代」と言われると思料。なお、ナトリウム冷却では、日立がGE Hitachi Nuclear Energyと共同開発しているものもある。
○デメリット:UCS(憂慮する科学者同盟)などは、"次世代”の原子炉に使用されるウランなどは引き続き核兵器・劣化ウラン弾等の兵器への転用、安全性(ナトリウムの漏洩・腐食等)などについて懸念を表明。
【ワイオミング州】
アメリカの中部、やや北西。原発の多い地域ではなく、むしろ主要な原発はない。知事は共和党。化石燃料が経済ドライバーだったので再エネ転換を目指す。TerraPowerのプラントは同州のPacifiCorpの石炭火力発電所の代替として導入される。
ビル・ゲイツ氏が会長を務める原子力ベンチャーのテラパワーと電力会社パシフィコープがワイオミング州にナトリウム冷却型の次世代原子炉第1号を建設することになったそう。ナトリウム冷却いい思いがない..

日揮、米原発建設に参加 次世代小型炉で日米連携(日本経済新聞、4月5日)
https://newspicks.com/news/5739688
「ナトリウム」などの次世代小型原子炉は、従来型の原子炉とは異なる核燃料を使う。各州が温暖化ガス削減の取り組みを強化する中、風力や太陽光などの不安定な電力源を補完できるゼロエミッション技術として期待する声が一部である。

ゴードン知事は、二酸化炭素排出をマイナスにするための「最速かつ最も明確な道筋だ」と強調した。

>本事業が新しい未来、技術革新となること期待します。

STAY GOLD!
原発は成長産業
世界中が原発を推進している

日本人は馬鹿なので脱原発で貧乏一直線

アメリカ民主党が党綱領に原発活用と新型原発の採用推進を明記
https://t.co/BvY27DfMd9
バイデン「最先端の原子力といったクリーンエネルギー技術にも注力する」
https://t.co/vI4fqv0fuu
とてつもないイノベーションの可能性が原子力エネルギーにはある
http://t.co/zJ332vsV
ロールスロイスが英国に16基の小型モジュール原発を建設
https://t.co/f7NcxRIpDO
ウルトラセイフ原子力発電コーポレーションがモジュラー型マイクロ原子炉を建設
https://t.co/AJ6dtiXVgO
ビル・ゲイツ「原発に希望を託す」
https://t.co/fAO3eQ0jhR

中国、原発稼働世界一へ
https://t.co/52tZ4JTM4B
ロシアの原子力が世界を席巻
https://t.co/jraKWcvsM0
インド、原発10基の増設決定 32年までに40基増へ
https://t.co/IzGmE4qaAp
韓国、小型原発「SMR」で先行 米で認証取得
https://t.co/aNO65n7pi1

イギリスも原発推進
https://t.co/Lt7COaGKEA
カナダも原発推進
https://t.co/TFX39mAJkn
トルコも原発推進
https://t.co/9ltfCMgRp9
スウェーデンも原発推進
https://t.co/RA7jRdoyrf
ブルガリアも原発推進
https://t.co/NRQojViuBi
マイクロソフト(英語: Microsoft Corporation)は、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発、販売する会社である。1975年にビル・ゲイツとポール・アレンによって創業された。1985年にパソコン用OSのWindowsを開発。1990年にWindows向けのオフィスソフトとしてMicrosoft Officeを販売。 ウィキペディア
時価総額
237 兆円

業績