新着Pick
265Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
今の会社に入るまで数ヶ月ぷらぷらしてましたが、とても良かったです。勉強しながら自分のプロダクトを作ったりしてとても充実した時間でした。
人気 Picker
今はありえませんが、私のいるフィリピンのセブ島は会社を辞めて長期間、語学留学に来る方が多かったです。
英語力の向上も目的ですが、充電期間を設けるために来ている人も沢山いました。
海があり、いろいろな観光施設がそろっていたので、まさに「ぷらぷらする」期間に丁度良かったのです。
セブ島留学で英語を学んでから、世界を回り、起業した人は本当に沢山います。
「ぷらぷらする」期間は、私も良い投資だと思いますが、今では懐かしい光景です。
転職先や、やることを決めずに「充電期間」を数か月とか半年とる人が増えているようです。勉強や読書、旅行をしたり、人に会う中で次のチャレンジについて検討する期間です。そうした充電期間をとるメリットについて、Coral Capitalの西村が書きました。
先日b-monster代表を退任いたしまして、まさに今この期間を全力で楽しんでます。
スタディサプリで英語勉強したり、NPの記事でハーバードのプログラミング講座が無料で受けられると知ればやってみたり、絵を描いたり、運動したり、、、
数社からもお手伝いの連絡いただいてるので、有意義な時間にしたいと思ってます
会社辞めてぷらぶらしてますw
辞めてよかったことは、付き合う人間の精査ができたことかな。会社の肩書や発注狙いで付き合ってきた人間は離れていきますが、全く無問題。どうぞ、ご自由に。「だせえ奴」と心で思ってさよならします。一方で、辞めたことを契機に密になった人たちや新たに知り合いになった人たちも大勢いて、なんだかいろいろやってます。
ぷらぷらしてますが、むしろ忙しい。ただ、ぷらぷら期間中いろんな人とお会いしたいのでお声掛けください。
育休を2回、計2年取得しましたが、良い充電期間だと思いました。決してぷらぷらしてた訳ではありませんが。
最初の転職の際には、「もう辞めます」といってその月の月末に退職。転職活動は退職後開始して、3ヶ月の隙間ができました。そこは楽しい期間でした。転職活動での人材エージェントへの不満を感じたりして、後年自分が人材エージェントで起業する際のいいインプットとなったことは確かです。それ以外でも、毎日朝起きて、今日は何しようかなと考えたり、やりたいこと羅列してクリアしていったり。

隙間空いても転職活動は問題なかったし、その後にキャリアでも問題なしです。
文字通りぷらぷらし始めて95日目の27歳男です。
路上ライブしてる時に出会った『ゆるいつながり』を通じて転職活動をしてる最中です。

日本のセーフティネット制度(雇用保険、住宅確保給付金など)を活用し、日々幸せの沸点を下げれば、不安もほぼないです。
記事のとおり読書など自己投資に時間を充てられてるのは素敵なこと。
あと自律がとても重要。

辛いならちゃんと逃げろ。幸せになれ。
記事内容に共感します!
例えば、激務かつ拡大業態に就いていたような方ですと、知識不足を痛感しながらもインプットが足りていない罪悪感や焦燥感を日々感じているかと思いますのでうってつけかと。

もちろん、経済的な後ろ盾は整備した上で。
目的や目標が明確であれば有効に時間が使えると思う。
それがなければダラダラと時間の浪費をしてしまいそう。
関連記事一覧
【証言6選】『イシューからはじめよ』で生産性が劇的に上がるワケ
JobPicks(ジョブピックス) | みんなでつくる仕事図鑑
1081Picks

あなたは「いい会社に入りたいのか」? それとも「いい会社を作りたいのか」?
www.onecareer.jp
245Picks

「会社を辞めたいなあ」と思った瞬間ランキング
ITmedia ビジネスオンライン
207Picks

「会社に残ってもあなたに仕事はない」と告げられた50代社員の証言。社員50人が退職を強いられた会社のいま
Business Insider Japan
179Picks

「年収400万男性」との結婚が豊かで幸せなワケ
東洋経済オンライン
55Picks

「気持ち悪い」と嫌われたガリガリ君が年間4億本超の国民的キャラに変われたワケ
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
48Picks

会社員退職金「2000万円超え」のポイントはどこか
LIMO
30Picks

株式投資で絶対に守るべき たった1つのこと - 10万円から始める! 小型株集中投資で1億円 実践バイブル
Diamond Online
8Picks

転職活動のきっかけは3人に2人がコロナ、「会社の戦略や方向性に不安」が最多
ニュースイッチ
6Picks

「50代なのに歯が1本もない」元エリート会社員が酷暑のなかで孤独死を迎えたワケ - 過剰な自己責任論で孤立が加速する
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
5Picks