新着Pick

FRB、米景気「やや速く拡大」 観光や外食復活

共同通信
FRB、米景気「やや速く拡大」 【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)は2日公表した全国12地区連邦準備銀行による景況報告...
30Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
リオープンで復活する産業は、ルネサンスと呼ばれるほどの活況を呈しています。旅行ルネサンス、外食ルネサンス、パーティールネサンスなどす。当然株価も上がっています。巣籠もり期間には、家電、家具、IT機器が抜群に売れましたが、リオープン後は、一段落して、サービスなどルネサンスにお金は向かいます。ウーバーはレンタカーが不足したため、個人所有車のレンタル貸し出しの取次まで始めました。ホテル不足からエアビーも活況です。
需要不足の数倍にあたる1兆9千億ドルの追加経済対策が過度のインフレを招くとのサマーズ元財務長官等の警告があるなかでFRBが緩和的な姿勢を堅持するのは、米国の雇用がまだまだ弱くインフレは一時的なものに止まることが前提です。
“Manufacturers reported that widespread shortages of materials and labor”、つまり資源と労働力が広範に不足するなかで“The lack of job candidates(求職者が不足)”して供給余力はまだあり “Overall, wage growth was moderate(賃金の伸びは緩やか)”に推移しているなら過度なインフレを懸念する必要はないですが、“a growing number of firms offered signing bonuses and increased starting wages to attract and retain workers.(賃金を引き上げて従業員を採用し維持する)”といった動きが更に強まるとストーリーが変わって来そう。このあたりの行方から暫くは目が離せません。
いずれにしても、人口当たりの陽性者数も死者数も今でさえ米国より少ないのに厳しい営業規制を敷いてマイナス成長が続きそうな我が国を尻目に、米国経済が消費主導で力強い回復に向かっていることだけは間違いなさそうです。(@@。
観光や外食がワクチンの普及に伴い復活とのこと。羨ましいかぎりです。日本のワクチン接種スピードが加速しています。9月頃には、米国と同様になることを祈っています。
やはりワクチンと集団免疫による安心感。まだ油断大敵ですが。
FRBはベージュブックを公表。「米国の経済活動が前回より「やや速いペースで拡大した」とし、判断を上方修正」しました。
米国の経済回復が進んでいるようです。