新着Pick

尾身会長「今の状況で五輪開催は普通はない」 規模の最小化促す

TBS NEWS
コロナ分科会の尾身会長は国会で、東京大会の開催によって国内の人手が増加する懸念を示したうえで、「なぜこの状況で大会を開くのか明確な理由を国民に説明すべきだ」と釘を刺しました。 「今の状況でやるってのは普通はないわけですよね、このパンデミックで。そういう状況の中でやるということであれば、オーガナイザー(開催者)の責任として、この規模を、開催の規模ですよね、これをできるだけ小さくして、管理の体制...
163Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
尾身会長はコロナのプロフェッショナルであっても、決してオリパラのプロフェッショナルではない。ただし尾身会長の言うように組織委員会は毎日記者会見をやり、オリパラのプロフェッショナルとして説明をし続ける義務があります。透明化を徹底しないと疑念が生まれます。
無観客プランの衛生対策とコストベネフィット、観客ありプランの衛生対策とコストベネフィットを明示的に比較して論じれば良い。正直、無観客ならできると思う。選手関係者以外、テレビで観戦でよいのでは。
まあ、このくらい言う人がいて、やっとバランスが取れるのだと思いますよ。しかしなんでもう1年延期するという選択肢を早い段階で捨てたのだろう。
普通という言葉は曖昧すぎるのでは?という指摘はごもっともで、大学院生の研究発表でさえそんな言葉を使ったら指導されてしまいます。
科学の世界に生きる尾身さんがそれを理解していないはずがないため、これは確信犯だと思っています。

私も前職で何人か接したことがありますが、政策決定に影響を与えるような老練な科学者は、科学的な言葉遣いをベースにしながらも、時として戦略的に発言します。
このあたりの感覚は、まだまだ私の人生経験では理解できない領域かもしれません。

追記:
報道からの印象ですが、西浦さんは科学者として良くも悪くも真っ直ぐで、尾身さんは老練な戦略家というイメージです。この複雑な状況において、科学者とはどうあるべきなのかは私にはわかりません。
医学の専門家はそう言うでしょう。
ただ、その発言を「釘を刺した」などと書くのは感心しない。尾身さんは、総理大臣でもないし自治体の長でもありません。あくまでも感染症の専門家として聞かれたことに答える立場であることを忘れては困ります。
安全安心の五輪なんて、今さら机上の建前論に過ぎない。町内の小さな飲み屋が閉まっている一方で、世界中から大勢の人々を集めるイベントを開催する以上、感染拡大の危険性や不安は存在するに決まっている。なので、本当にオリンピック&パラリンピックを開催したいのなら、このリスクと不安を直視した上で、それらを最小限にしながら何とか開催を実現する具対案を模索すべきだろう。そうした努力を放逐し、まるで他人事のように「安全安心の…」などと言いい続けて来たのだから、反発を生むのも当然だ。どうせ完全な形の開催など出来ないのだから、その枠内で何が出来るか、あるいは出来ないのかを真剣に考え、国内外に示すことが喫緊の課題である。もちろん、その際に中止という判断も排除してはならない。
越権行為。密状況から感染が拡大するエビデンスの分析でもしとけ、と。専門でもないオリパラを開催するかどうかを意見する権利はない、専門家以外の意見を聞きゃしない人たちなんだから。
無観客での開催に一定の含みを持たせたものと思いますが、首都圏の観光業や飲食業が五輪・パラ開催に寄せる想いは並々ならぬものがあります。我が国が頼みにするリーダーに違いありませんが、このような医療偏重な姿勢は残念です。
尾身会長の国会での発言。
「なぜこの状況で大会を開くのか明確な理由を国民に説明すべきだ」とも。
猪瀬さんもプロじゃないよね。
ただの作家