新着Pick
70Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
仮に支持率が回復するとしたら、五輪を成功させ、かつ、ワクチン接種が進む場合のみというのが首相の思考回路になっているのでしょうね。ただ日本にはもっと根本的な問題があり、知性的で突破力があるリーダーが必要であることに変わりないことに国民は気付き始めているのではないでしょうか。
支持率が急落してしまった原因って、医師会が協力しなかったり、そこの会長が寿司屋デートしたり、小池都知事がトチ狂ったことやってるとばっちりだと思うんですけど。
世論調査に限界があることや、その結果数値の読み方には難しい問題があることは、あちこちで指摘されているので、ここでは繰り返さない。

感染抑制が政権支持率の決め手にするのは、結果責任を求められていることを認めることになるので、自分の首を絞めるに等しいと思う。

感染抑制は、あくまでも感染症対策という医療上の問題であり、政治の問題ではないと、なぜ言わないのだろうか?

菅総理が、医療専門家ではなく、感染症について素人に等しいことは国民の全てにとっては明らかだ。

感染抑制の過程をどのように合理的に民主的にたどれるかが、問われている。
だから、オリパラ中止なのだ。

なのに、結果責任をしょい込むギャンブルをするのは、政権が血迷っているとしか思えない。
無視。支持率といっても大衆は同調圧力でのみ意思決定してるため。

菅政権には最重要KPIのワクチン接種に引き続きリソース全振りして欲しいです。そうした意味で、今の内閣の動きはそれなりに合理性はあります。問題は自治体と医師会
ワクチン接種か進むとともに支持率は急回復して選挙でしょうね。9月?