新着Pick
417Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
久しぶりに前向きな気持ちになれるニュース!
・ESG領域(課題先進国としての、社会課題解決手法の創出)
・日本からグローバルへ
・「そのたまたま得た運を、たまたま機会がない人たちにお返ししたい」

最近「日本はダメだ」というニュースとそれを批判することしか出来ない構造に気持ちが疲れ気味だったのですが、今必要なのはこういうことだな、と思いました。


>女性だけのファンドになったのは「たまたま」

とありますが、前職・現職でESGに関する領域で活躍しているのって、女性も多いイメージがあります。半分くらい女性かな。
今まで、注目されるビジネスの領域(AI、〇〇techとか)で、こんなに女性の割合が多いアジェンダは少なかった気がしていて、それも楽しみです。
人気 Picker
気の置けない長年の友人と一緒に作るセカンドキャリア、すごく楽しいだろうな。
私は今でも、誰と働くかを比較的自由に自分で決められるフリーランスなので、大好きな仲間たちと仕事ができて毎日幸せなんですが、会社員だとなかなかそうはいかないかもですし。

これからもずっと大切な人たちと苦楽を共にし、一緒に汗をかいて達成感を味わえるように、自分にも仲間にも生涯現役目指して頑張ってもらおうっと。
VCは資金の出してが圧倒的に男性という社会。女性だけのVC設立、それもこの規模のものは大きな社会的インパクトがあると思います。シリコンバレーでも資金到達は「女性であること」「スタンフォード出身でないこと」が二大ハードルと聞きました。またセカンドキャリアのお手本としても素晴らしいですね。次の世代を応援する、初職からの長い繋がりのある女性のシスターフッド、本当にいくつもの希望が持てるニュースです。彼女たちのキャリア、信頼があるからこそ、日本の大手機関投資家も参入する。流れてこない資金が流れてくることも大きいです。
「海外で教育を受け、働く機会があった私たちが、そのたまたま得た運を、たまたま機会がない人たちにお返ししたい。」。
その運はご自分の努力で掴まれ、その後のキャリアを築くにもものすごい努力をされたのだろうな。それを「恩」として社会に還すことで、また誰かの努力やチャンスにつながる。
4人の先輩方の凛とした立ち姿、しかと目に焼き付けました。
ただの感想ですみません。
取材しました。
昨年末GSを退社されたキャシー松井さん、OECD東京センター所長を務められていた村上由美子さん、ピーター・ティールなどの翻訳で知られる関美和さんがVCを設立。テクノロジーで社会課題を解決するスタートアップ、成長戦略にESGを組み込んでいるスタトアップを支援したいと。

金融業界で長く活躍されてきた3人が女性だけで設立に至ったのは「偶然だったけど、必然でもあった」という言葉が重いですし、男性優位の投資の世界を変える一石になるのでは、と期待しています。
長い宮仕えを経た後、自分の経験と信頼をてこにミッションドリブンの仕事をする、というのは、男女関わらず憧れですよね。
ソリッドなポジションがある人ほどスタートアップに夢を見すぎなところはあると思いますが、年齢を経たからこそできるチャレンジだと思います。
「マイノリティーとしての経験はアドバンテージ」、海外や新興国に関わる仕事を行うなら、まったくそのとおりですね。
「このもったいない感満載の日本に、私たちができることはなんだろう」

私も自分のできることを頑張って貢献しよう、と思いました。こうやって前向きでポジティブな気持ちにさせてくれる素晴らしいロールモデルですね。
なんと強烈なメンバー。女性管理職や女性取締役候補が少ないなんて嘆いてる暇があったら彼女たちが魅力的だと思う会社になるしかない
ついに…!新しく多様な目線からのスタートアップ支援、着眼点が素敵です。
友人のキャシー松井さんと村上由美子さんが、ESG(環境Enviroment、社会Social、ガバナンスGovernace)を重視するベンチャーキャピタルを立ち上げました。
キャシーさんは20年以上も前に画期的な考え「ウーマノミクス」を提唱しましたが、この新たな事業のスタートもまた、時代を先取りしています。様々なパートナーやサポーターと共に今後、日本だけでなく、国際的にどう活躍するか、どんなリーダーシップを見せてくれるかとても楽しみです。応援してます!