新着Pick
69Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
あえて専門領域からコメントをすると、現在多くの小学校で Chrome をベースとした ChromeBook や Google Classroom が使われているます。Chrome が高速化するとそれと同時に子どもたちの学びのへの障害が減っていくことにつながるので、どんどんこのあたりは更新されていくとよさそうです。
もちろんブラウザのスピードが変わったからといってインターネット回線の速度がそもそも遅い・繋がりづらいという問題はあるので、どれだけ効果があるかはなんともいえません。
また、学校はマニュアル文化が根強いので、Chromeの仕様が変わってUIなどに変更が加わるとまた1から作り直しになったりするのかもと思いました。
ただ、残念ながら学校で使われているソフトウェア多くは更新を止めているのがほとんどなので、この恩恵を受けられる子は少ないのかもしれません。
感謝する気持ちを忘れやすくなる。

マクドナルドでモバイルオーダーを利用していると、そう感じられた。どうしてか?
スピードが益々速くなっているからだ。

全体的にBe Fastestを目指す社会では個人が感謝を忘れやすくなるかもしれないと危惧している。ブラウザが速くなるのは現代人にとって大変ありがたいことです。
しかし延々と加速し膨張し続ける情報に対する有り難みを忘れてはならないと、マクドナルドを通じて最近私は感じています。
これらの新機能により「Chromeは最大23%高速になり、毎日のCPU時間を17年間以上節約できることになる」そうです。すごい
「毎日のCPU時間を17年間以上節約」!!

アメリカ人はこういう言い方が好きだよね~
高速化もうれしいけど、メモリ消費を抑えてくれたら、そちらの方がうれしいユーザーが多数いると思います。私も、その一人ですが。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません