新着Pick
1703Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
本当にわかりやすいですね.皆さんに見てもらいたいです!

コンテナ化はクルーグマンも”When we think about technology that change the world, we think about glamorous thing like the internet. But if you try to figure out what happened to world trade, there is a strong case to be made that it was container”と言っており,国際貿易とグローバル化の進展に大きく貢献しています.

字数制限内で補足コメントを.

コンテナの貿易促進効果には学術論文があり,紹介したことがあります.
http://www.jpmac.or.jp/img/research/pdf/B201347.pdf

コンテナ輸送の広がりのより詳細な時系列画像はFRBのエコノミスト,GIsela Ruaのサイトにあります.
https://giselarua.weebly.com/diffusion-of-containerization.html

SHIPPING NOWはhttp://www.jpmac.or.jp/relation/shipping.html にあります.

「TOP10に米企業が無い」理由は買収のためです.昔はAPLとSealandがあったものの,前者は97年NOLに,後者は99年マースクに買収されました.Sealandは『コンテナ物語』に出てくるマクリーンの作った企業です.

(※Sealandはマースクのブランドとして今も使われています)

米国には,米国籍船確保目的の補助制度があり,外国企業が米国籍のコンテナ船を保有しています.キャプテンフィリップスに出たマースクの船も米国籍でした.

なお,JRで中心的に使われるコンテナは5トンコンテナで,日本独自規格です.(JRコンテナについては,https://www.jrfreight.co.jp/service/containerを参照)

海上コンテナのインターモーダル輸送が良く用いられているのは米国や,中国・ロシアー欧州間になります.参考に出てきた『グローバル・ロジスティックス・ネットワーク』に詳しいです.
コンテナもすごいですが、「モノを運ぶ箱」について読みこませる『コンテナ物語/THE BOX』もすごい本です。
歴史の教科書のような中身かと思いきや、引き込まれたことを思い出します。
物流にかかわったことのある人には目から鱗がはがれ落ちるような物語。
物流に関心がない人にもイノベーションの物語として読めます。
読んだ後は、海や高速道路で見かけるコンテナが、愛らしく思えます。
「コンテナ物語」 https://amzn.to/3crMQId は面白いよ。
1956年,アメリカの陸運業者マルコム・マクリーンは,コスト削減と交通渋滞回避のため運賃の安い沿岸航路に目をつけ,トラックから「箱」だけ切り離して船に載せるアイデアを思いつき実行する.今からすると単純な発想のように思うが,そうは簡単に進まない.昔の映画の波止場のシーンを思い浮かべてみる.馬やクルマや人が絶えまなく騒々しく行き交い,喧噪が絶えない光景.船の荷揚げ荷下ろしの作業は多くの労働力を要する仕事であり,沖仲士と呼ばれるこれらの港湾労働者は体力自慢の荒くれ者が高賃金を稼ぎ出す花形の職種であったのだ.しかしコンテナの登場により,彼らの仕事は消滅の憂き目に合う.コンテナに積み込まれた貨物は,クレーンを使い,わずかの時間で積み下ろしが可能となった.そこに労働力が介在する余地はなく,職を奪われた沖仲仕の組合は抵抗した.また当局も陸上,海上輸送の兼業の禁止を盾に抵抗した.しかし結局,ひとつの職業が消滅した.既得権益を打破することはいつも難しい.マクリーンは類まれなる実行力で困難を乗り越え,次々に船会社を買収,ベトナム戦争では軍事物資の輸送に食い込み,世界最大級の海運業者に飛躍する.しかし,コンテナの将来性を全ての関係者が理解できたわけではなく,それによって港とそれを抱える町の発展に明暗が生じることになった.コンテナは国際標準化され,米国,欧州,日本,韓国,シンガポールなどは巨大なコンテナ専用埠頭を設置し,グローバル経済を支える構成要素となる.
「コンテナ」は20世紀最大の発明品の1つといわれる.貨物船が接岸すると,停泊時間を短くするために(船舶にとって停船時間は無駄コスト),岸壁にそびえ立つ巨大な「ガントリークレーン」(通称「キリン」)によってコンテナを決められた順番で素早く積み降ろしする.これが現在の貨物船の荷役作業である.また同じコンテナはトレーラー,貨物車,飛行機にも搭載される.
ネット関係だけでなく、こういうリアルビジネスの記事が増えてきて良いですね。そしてとてもわかり易いです
記事の通り規模の経済性が効く側面があるものの、料金が相場もので変動が極めて大きい一方で、船の増減は機動的にできないので、短期的に経営でコントロールできるところが少ないビジネス
その意味で大きな赤字が出ても耐えられる体力が求められるという意味での「規模」も重要です
碓氷さんがオススメしてる「コンテナ物語」各方面から良い本だと聞いてますが未だに積読になってるので読まねば
「THE BOX コンテナ物語」は、誰かに薦められて読んだら面白くて一気に読み、何人かに薦めた記憶がある。久々に読んでみたくなる。

今や自分がビジネスでコンテナを取りまわす側になったけど、これが規格化されてなかったらと思うと恐ろしい。先人に感謝。
買ったままになっているので読んでみます。それにしても、いろいろな充電器はなぜもっと規格化・標準化されないんだろう。
コンテナすごい!図版も分かりやすい。

コンテナによって、これまで荷役の肉体労働者がトラックからおろして、そして船に積み替えていた。高級品は労働者が盗んじゃうなんてことも多発してた。クレーンによって、トラックの荷台からダイレクトにコンテナ船に積み替えられるようになった。

人件費は圧倒的に安くなるし、積み替えの時間も激減、輸送途中でコンテナを開けないので、盗難問題もほぼ起こらなくなった。もちろん港では補償をもらったものの失業者が多数出た。この結果、遠く海外から物を運んでくるという、昔では超高コストな作業が一気に低コスト化。

人件費の安い海外工場での生産が可能になったし、グローバル化に巻き込まれて、都市部の近くで製造してた工場は海外に行くか潰れた。そして、日本が貿易で台頭。その後、世界の工場、中国が登場する。

世界の流れを物流から知る上で、必読な記事です。書籍『コンテナ物語』も労働者との交渉やらなんやらディープで面白いので必読ですね。
『THE BOX(コンテナ物語)』は技術にとどまらないイノベーションのあり方を物語にした本ですが、本記事は要点をわかりやすくしてくれています。最近の動向も理解でき、物流に興味ある方にはおすすめの記事です。
コンテナという箱の国際標準をつくったことが、輸送を劇的に変えたということがよくわかりました。誰もが考えそうで、考えられなかった、革新的なアイデアです。

箱で整理すると生活環境がスッキリするかもしれません。ボックス思考を実践していこうと思います。
NewsPicksのどなたかのお勧めで以前に読みました、コンテナ物語。
聞けば結構知ってる人もいて、知る人ぞ知る良書。かなり気に入ってる本なので、図解でまとめてもらえて嬉しいです。これは保存版。

細かい貨物をひとまとめにすることで作業の圧倒的な効率化ができて、コンテナのサイズが揃っていることで船への荷積み下ろしから陸送まで効率化できて輸送費が大きく下げられたと。
下手するとてんでバラバラなサイズのコンテナを皆が勝手に使い出しそうなものですが、よく世界的に統一できたものだなと思います。マルコムマクリーンが一人で完成させた訳では勿論ないのでしょうけど、素晴らしいアイデアですね。

ところでコンテナには液体用もあります。まさかあの四角い箱の中にちゃぷちゃぷに液体を入れる訳にはいかないので、専用の別タンクに入れて、外枠をコンテナと同じサイズにしてあるのです。
こんなの
http://www.kyokuto.com/product/buturyu_jr_02.html