新着Pick
739Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
リアル店舗の価値とは!がこの記事に現れていますね。単なる「売り場」として陳列しているのみではリアル店舗である意味はない。価格競争、品揃えでは負けは明らか。リアルに求める価値とは「予測変換」ではない「プロならではの見立てとアドバイス」

つまりどれだけそのお客様にとっての「プロフェッショナル」になれるかです。リアル小売が提供できる最高体験とは、「人と人とがつなぐ痒い所に手が届く」こと。距離、運搬の不便を補ってあまりある特別感を出せたところが生き残るのだと。プロとしての目利きと関係性の構築を武器に「記憶に残る店」「暇つぶしでもいいからなんだか話聞いてみたくなる店員」になることがこれからの鍵かと思います。

追記です。
Amazonでの検索や購入は一時認知としての効果が高いのですよね。さらに!となった時により専門性を求めたり、多数の選択肢から選びたくなったり。
お買い物は一回の買い物から深まったり広がったりするものです。興味喚起と体験からのリアル店舗のつなぎはこれからの鍵だと思っています。
あるあるですね!
販売数No. 1だから、これで良いかとネットで買ったら、「外したな…」というパターン。

食器とかは、たしかに持った時の感じとか、厚みとかを感じてみた方が、自分の感覚に合うものが買えますよね。

という自分も、Amazon、楽天、Yahoo!でもなく、かっぱ橋で買った1人です(^^)
この店は素晴らしいし、個人的にもたまにかっぱ橋に行って店を回ると面白い出会いがあって楽しいが、それはミクロに個店の生き残り戦略を見た場合の話。

マクロに見れば、人口と所得が減り、人口あたりの調理機会も減る中では、調理器具全体の消費は良くて横這いだろうから、そこにAmazonはじめ通販が増えれば実店舗の総体としての売上は減らざるを得ない。これを真に受けてかっぱ橋以外の店がブランドを高めようとしても、なかなか厳しい。
100倍ビール飲んで、客観的に評価するのって結構大変。評価軸が気になる。そもそも、ダントツでビールが不味くなるグラスってのも気になります。むしろ、そのグラスを買って、他のグラスのビールと飲み比べをしたい。

記事引用
あるとき、アマゾン売れ筋ランキング1位から100位までのビールグラスを買い集め、どれがいちばんビールをおいしく飲めるかを基準に、独自に評価してみました。すると驚くことに、1位のグラスが断トツの最下位となったのです。
950gがどれくらいの重さで、24cmがどれくらいの大きさかは、見て持ってみないと分からないんですよね。書いてあるやんとかそういうことではないのです。知りたいのは数字ではなくて、その値が自分に適しているかどうか、なのです。

こと道具に関しては重心の位置とか微妙な厚みの具合など、スペックに書いてない部分も色々と大事なので、きちんとしたものが欲しい人ほど実物を見たいと思うのでしょうね。
毎日ショーを開催する感覚で。なるほど。
そうなんですよね。新しい体験が生まれれば、そこからまた新しいペインが生まれる。

ただ何よりも「地球上で最も目の前にいるお客様を大切にする」の姿勢と確かな知識と提案力が繁盛たらしめているんだと思いました。
うちバラリーニの20cmのフライパンをAmazonで買って3年使ってきたけど特に問題ないよ。

調理人数でフライパン変えたい人は全部のサイズを揃えておけばいいのでは。
「かっぱ橋」というブランドの向上と、価値の多様化による専門調理器具への需要の高まりではないでしょうか。
むしろイオンやイトーヨーカドーではなく、なぜ専門店に?という文脈の方が正しいかと。
飯田屋だけが特別なのか、かっぱ橋の店全体が底上げされているのかは気になるところです。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、Apple、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
204 兆円

業績