新着Pick
48Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
米国民の生活に影響の大きいガソリン価格が「2014年以来7年ぶり」の高値というのは、多少なりとも消費の足を引っ張りそうで心配です。世界一の産油国になった米国なのに、バイデン政権の環境配慮が影響してか、需要が増えて価格が採算ラインを超えてもシェールオイルがそれほど増産されず、原油価格自体も上がっていますしね。
それにしても「去年の同じ時期に比べて1ドル以上の急上昇」して「1ガロン、3.78リットル当たり3ドル2セント」、1リットル当たり約88円です。ウチの近所のガソリンスタンドのレギュラーは150円に迫っていますから、リッター53円80銭のガソリン税を勘案しても米国は未だ我が国より圧倒的に安いわけですね。我が国の燃料代のこの高さ、個人の懐具合のみならず、企業立地条件の優劣にも影響していそう。(・・;
一時的なものだと私は考えています。

コロナ前は、シェールオイルの影響でガソリン価格もずいぶん低下していました。

ワクチン接種が普及しているので、経済活動が活性化すればシェール掘削も盛り上がってくるでしょう。