新着Pick
238Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
宇宙ステーションの意義は、ほぼ実験施設ですが、中国の天宮シリーズが、2020年代後半には唯一の大型の宇宙ステーションとなります。中国が宇宙における唯一の実験施設を保有して、諸外国にその場を提供することには、確かに意義があります。
 20世紀には、宇宙飛行士になるのは英語かロシア語の習得が必須でしたが、中国語の習得が必須になる時代が来ます。
 冷戦後、宇宙ステーションは、米国とロシアを中心に、国際共同プロジェクトなり、国際宇宙ステーション(ISS)として具体化されました。国際共同の時代は、もう終わりました。ロシアは、独自の宇宙ステーションを建設する計画がありますが、実際、いつになるかはわかりません。インドは、独自の宇宙ステーションに向けて旺盛な意欲を表明してはいますが、新型コロナウィルス対策の予算を削ってまでできることではないでしょう。
 とにかく、宇宙に実験施設を持つというだけで、数十兆円かかるプロジェクトです。短期的な費用対効果だけでいえば、高すぎる買い物で、今それをしようというのは中国だけでしょう。
中国の宇宙開発は民間も非常に元気がいいです。まったく全体像を追いきれていませんし玉石混交ですが、新興スタートアップがごまんとあります。勢いを感じます。
2015年公開の映画Martian(邦題:オデッセイ)で、アメリカが窮地に陥った際に助ける能力を持つ唯一の宇宙機関として中国が描かれていた。今の宇宙開発にかける国のリソースを見ていると納得感しかない。
どんな分野でも一ヶ国が突き抜けてレベルが高い状態にあるよりも複数ヶ国が競争的である方がなにかと健全だし多様性も担保される。そういう意味では欧米やロシアを出し抜いて火星のサンプルを地球に持ち帰って欲しい。ただ懸念すべきは、中国がそれを成し遂げたとして火星の科学データを公開するかどうかということ。それは中国に限らないのだが....

>引用
『5月22日には、宇宙局は火星表面に降りた探査車の白黒写真を2枚公開した。探査車は今後、火星の地形や地質、大気などを分析する実験を行う。その目標の一つは、氷の分布についての理解を深めることだ。それが、理論的には、将来の人類による訪問を支えることになる。中国は2つ目の探査機を2028年までに火星に送る計画で、最終的には火星からの土壌サンプルを地球に持ち帰ることを計画している。これは複雑な任務で、NASAや欧州宇宙機関(ESA)がすでに取り組んでいるが、パーシビアランスが集めた土や岩石のサンプルの持ち帰りが期待されているのが2031年だ。中国のミッションは2020年代に実施されるかもしれず、競争となる可能性がある。』
NYTが中国の宇宙開発についてまとめているが、変なバイアスもかかっておらず冷静な分析。「中国の今回の(火星着陸の)成果は、米国が何十年も前に成功させたことを、基本的には繰り返しているだけだからだ」というのもその通り。
Mars and Beyond
https://www.nytimes.com/article/china-mars-space.html

これから民間含めて競争加速して行きますね。
宇宙の起源、地球の起源の解明のヒントになるであろう和癖探索だけど、引き続きワクワクを楽しみにしてる。
宇宙開発に興味はないけど、中国のほうが科学技術が進んでるのが誰でもわかるレベルで明らかになってきたね。