新着Pick
445Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
一時代を築いた名棋士でも、必ず体力の低下に直面します。しかしその際は、ギアチェンジをして、ベテランなりの戦い方で若手に伍していく。ビジネスパーソンであっても、ずっと若い時と同じ働き方はできません。その意味でも学びが多いインタビューだと思いました。
谷川さんの言葉を聞いてミンツバーグ教授の経営の3側面、職人、アーティスト、科学者を思い出しました。若手経営者の台頭という意味でも将棋の世界と似ている一方、まだまだ経営は肩書がものをいう(だから会社を離れたとたん元気なくなる)世界。Stay relevantでありたいと、私も強く思います。
記憶力の衰えをどう遅らせるか、それを何でカバーするか。将棋の世界だけでなく、ビジネスにおいても同じことがいえます。

遅らせる方法はひとつ、日々頭を鍛えつづけるしかありません。自分で考える癖をつけること、受け売りをしないことです。

何でカバーするかは、熟成度でしょう。
「棋士は、芸術家と研究者、勝負師の3つの顔を持つべきだ」というのが興味深い。直感でつくるアート(CEO/一人称的)と、分析をかさねるサイエンス(CTO/三人称的)と、経験がものをいうクラフト(COO/二人称的)。

ベースになるのが研究者=サイエンスで、いざというときの序盤に芸術家=アートが重要で、最後の場面で勝負し=クラフトが前面に出てくる、というのもなるほど納得です。

いま脚光や注目をあびている若手ではなく、あえてこうした往年のレジェンドにインタビューをして俯瞰的に語りかけてもらっているのも好感をもてる記事。勉強になりました
「棋士は、芸術家と研究者、勝負師の3つの顔を持つべきだ」という言葉や、大局観の重要性。先日、本屋で「直感で発想 論理で検証 哲学で跳躍」という本のタイトルが目に入ったのだが、それととても重なる(日本のトップ経営学者の伊丹氏の著書だった)。

経験を積み重ねながら年齢を重ねること、そして年齢と責任が一定の関係性があるなかで、大局観=直感を育てられるような場数や思考を重ねられるか(勝負師)、重ねた場数・思考の言語化によって検証可能となっているか(研究者)、だけどその論理性だけでない哲学・ポリシーがあるか(芸術家)。
機械・道具は本来的に人間を助けるもの。どう助けてもらうかは、使う側のポリシーにもよるし、レベルによって適した道具も異なる。使いこなしていくためにも、こういった自己理解的な部分は重要になっていくと思う。
格闘技と将棋では異なる部分がありますが、キャリアを重ねたときに「経験」を軸に攻めていくのは共通しています。フィジカルが落ちてきたときにフィジカルで抗うのではなく、経験で勝負していくことで対抗できるのは実体験としてあります。
「注意」することと「ワーキングメモリ内のデータにアクセス」することが本質的に同じ作業らしいので、記憶力がなくなるということは注意力や集中力が失われることを意味するのかもしれないですねー

https://twitter.com/deriba9/status/1378582218302361600?s=19
体力の衰えは人間である以上、必ずやってくるものです。私もここのところ記憶力、気力の衰えを感じます。おまけに最新のITツールにはついて行かれません。私世代の人でどんな世界になっても残しておくべき「ナレッジ」を持っている人はたくさんいると思います。失われていくのが勿体ない感じがします。
戦う必要はないですよね。互いの強みと弱みは補完的な関係なので、互いの強みを活かせる組み方ができれば最強のコンビになれます。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
試す、考える。
人として大切な事を将棋が教えてくれるような気がする。
この連載について
まるで預言者(プロフェット)のように、新しい時代のうねりをいち早く紹介するNewsPicksのインタビュー集。本質を見抜く視点を毎週つむいでゆくことで、ちょっと先の未来を覗こう。