新着Pick
187Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
在宅かオフィスかの、"単純な場所"での比較は難しいと思います。
在宅でも、仕事をするための部屋やデスクなど、自分が働きやすいように環境を整えている人は在宅の方がいい、と言っている人も。
記事にあるように、仕事と住環境の切り分けが難しい場合は、オフィスの方が実は働きやすい、というのもあると思います。
在宅勤務は一種の「スキル」なので、始めていきなり効率よくできる人はいない。最初は試行錯誤しながらパフォーマンスも下がる事はあるかもしれないけど、自分なりの工夫や慣れもあって徐々に在宅勤務スキルも高くなってくる。
とても興味深いですね。
今後、不動産会社、テレワーク関連サービス企業、ファリシリティメーカーなどの調査結果が様々でてくると思うので、アンケート項目や対象者など、各調査結果を精査していくと各社の誠実さ・不誠実がみえてきそうです。

補足ですが、
在宅による変化は業種や住居環境、企業文化により異なるので統計はほぼ参考になりません。
在宅ワークはオフィスワークより効率が低いと実感していますが、通勤時間を考えると在宅ワークを選びますね。

標準業務時間 8時間、通勤時間 2時間だとすると、オフィスワークの時間効率はMax 80%との計算になります。
在宅ワークで効率悪くても有効業務時間は同等かと思います。
個人の特性や、業務にもよると思いますが、在宅勤務も長期化することで、最初はパフォーマンスが向上できていた人達でも、だんだんと低下したということもあるのでしょうね。

短期的な効果と、長期的な効果は違うので、注意が必要ですね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
感覚的なので難しいですよね。
僕は上がってる気がしますが、感覚です。
これがパナソニックのデータだ、というところがミソ。
今までもイヤイヤやってたけど、オフィスという洗脳から解放されただけでは
パナソニック株式会社(英語: Panasonic Corporation)は、大阪府門真市に拠点を置く電機メーカー。白物家電などのエレクトロニクス分野をはじめ、住宅分野や車載分野などを手がける。国内電機業界では日立製作所、ソニーに次いで3位。 ウィキペディア
時価総額
3.31 兆円

業績