新着Pick
129Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
新型コロナウイルス感染症は、年齢と致命率の間に密接な相関が知られていますので、「高齢者の病気」というように捉えられてきたかもしれませんが、世界に目を向ければ、高齢者と比べて「少ない」ながらも、この感染症で命を落としてきたお子さんもいます。

また、合併症や後遺症に苦しむお子さんもたくさんいます。(ワクチンの長期的な影響を懸念する方は、新型コロナ感染症がお子さんにもたらす長期的な影響についても深刻に懸念すべきです。)

子どもから両親や教職員に感染して、その方が命を落とすというケースもあります。しかしながら、有効なワクチンが誕生して、新型コロナはワクチンで予防できる病気になりました。

本日緊急事態宣言の延長も発表されましたが、ワクチンが広がるまではこのように人の行動を抑えることでしかなかなか感染の広がりを抑えることができません。これからの安全な学校運営や家庭生活のためにも、また社会として集団免疫を獲得して、お子さんが安心して友人と遊べる日々を迎えるためにも、重要な適応拡大になると思います。

こうした対象年齢の変更は政治的な動きと誤解されてしまうこともありますが、これは12-15歳のお子さん2000名以上を対象とした臨床試験で非常に高い有効性と安全性の両者が確認されたことを受けてのものです。

試験の中で実際に、ワクチン接種を受けた群では発病したお子さんが一人も出なかったというほど非常に高い有効性を示していますし、深刻な副反応も認めませんでした。このように有効性と安全性の両者をしっかりと確認して、科学的な根拠に基づいて対象年齢が変更されていることを改めてご確認いただければと思います。
先行して、先日米国でも12-15歳への接種年齢拡大に承認がおりています。
12歳以上の子ども対象の臨床試験では100%の発症予防効果が報告されています。
比較的少ないとはいえ子どもでも症状がでることはありますし、家庭内感染から子ども経由で感染を広げてしまう可能性もありますので、子どもも接種できるにこしたことはありません。
子どもにとって集団活動は成長過程において非常に大事です。はやく元の生活に戻してあげたいものです。

ちなみに6ヶ月から11歳まで対象の臨床試験もすでにはじまっています。
2021年5月11日に、ファイザー社製ワクチンの米国での「緊急使用許可」の適応対象が、12-15歳に拡大されたとの報道がありました。この緊急使用許可を得る為に、当該年齢に対する大規模な臨床試験が米国で実施されていました。この許可により、当該年齢に対するワクチン接種が可能になっていました。

米国での臨床試験を受けて、日本でも米国の承認通りの適応追加(対象年齢拡大)が図られるとの流れになりました。これにより、ファイザー製ワクチンは12歳以上の方(おおむね中学生以上)に接種できることになり、若年層の不顕性感染者からの感染拡大に関する防疫体制が強化されることになります。

米国では、12-15歳に対する科学的なプロセスに基づく臨床試験が行っているものの、外国で承認されさえすれば、日本での臨床試験は一切行わなくてよいという流れが定着しつつあり、製薬業界においては革命的な事象が続いています。

米国での12-15歳への接種への動きに対し、WHOは当該年齢への接種のベネフィットが発展途上国の接種のベネフィットを下回ることを根拠にあげ、その年齢層に接種するワクチンは発展途上国に寄付すべきだと申し入れています。
9月の新学年の完全開校までに、小学校生徒全員受けさせたいみたいですねぇ あ、メリケンのハナシです
1. イギリスでもインド株の流行が止まらなくなってきたね。ますます若年層を含めたワクチン接種率の向上が世界的に注目されていきそう

https://twitter.com/BillHanage/status/1398022331608489987?s=19

2. チリの感染拡大も、イギリスでのインド株の流行も全て若者が感染の中心になってる

イギリスのボルトンでは49未満の年齢層で感染が拡大中
https://twitter.com/jburnmurdoch/status/1397995420064825351?s=19

チリでも69歳以下の年齢層で感染拡大中
https://twitter.com/zoomtrading/status/1396804790978482182?s=19
怖いねぇ。ほぼ重症化してない年代にまで、ワープスピードのワクチンを摂取する。陰謀論が出てくるのも無理ないですね。明らかに不自然。まあ、利権だと思いますが...
それはそうといつになるんだろうか。

業績