新着Pick
317Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
寄稿の機会を頂いたクロール・シンガポールの川端です。リスクコンサルティング業務に従事する実務的な視点から、「人権デューデリジェンス」の重要ポイントをまとめました。

想像以上に国際スタンダードでは進展しています。近年、クロールに依頼のあるデューデリジェンスの案件でも人権、地球環境、労働環境、サプライチェーンリスクといった視点の調査項目が含まれることが標準化しつつあります。公開情報だけでは読み切れないリスクでもあり、人的情報収集が必須の分野でもあります。

欧米的なスタンダードで「人権とビジネス」の慣行が積み重ねられ、「ソフトロー」から「ハードロー」へという動きも進んでいます。良い悪いはさておき、もはや不可逆の流れと言えるでしょう。

日本企業も注目すべき取り組みを進めてきた企業がありますが、今後、より数多くの日本企業がグローバルな動きを意識しながら対応していくべき事項となります。経営トップの強い意志と、予防こそが最大の効果を生みます。
欧米の先進国を中心に人権デューデリの必要性が叫ばれる一方で、まだ概念が普及していない日本ではあまり資料がありません。そのため、いざ人権デューデリをしようと思っても、どこから手をつけたら良いのかわからない、という企業が多いようです。

その中で、米国のリスクコンサルであるクロールの川端さん(元同僚)に人権デューデリの考え方について寄稿してもらいました。ぜひご一読ください。
日本政府は、国連で決まった強制力のある決議は、模範的なくらい遵守してきました。つまり、安全保障理事会で決議された北朝鮮やイラン、テロ組織と指定された組織への制裁です。
 しかし、人権外交といわれる時に問われるのは、国連での決議よりも+αの具体的行動です。たとえば、ウイグル問題やミャンマー問題については、安全保障理事会で制裁が決議されることはありません。中国とロシアが反対に回ります。
 いわゆる人権外交の具体的課題には、ウイグル問題やミャンマー問題、その他にもサウディアラビアとUAEによるイエメン侵攻であるとか、中東とアフリカのいくつかの国への制裁の問題があります。これらのケースでは、国連での決議は無くても米国やEUが制裁を課しています。もう1つ重要なのは、ロシアへの制裁でしょう。
 人権外交というのは、そのほとんどは、日本政府も米国やEUと同じ陣営に立ち、同じ制裁を課すかどうか、という問題になります。国連での決議さえ守っていれば米国やEUと同じ陣営であるとは、もはやいいにくくなりました。
 もちろん、日本政府とは関係なく、個々の企業が人権デュ―・デリジェンスを意識した価値観に基づいて、自社のサプライチェーンに変更を加える、ということはありえるでしょう。あるいは、国際NGOなどからの批判を受けて、そういう選択をする、ということもありえるでしょう。
 政府のつくったルールと企業の価値判断は別の問題といえます。しかし、この問題は、やはりワシントンやブリュッセルで各国政府がつくっているルールの問題であると理解した方が適切でしょう。市民社会とか消費者の意識、という以上に、米国やカナダ、EUがつくっている法律があるため人権デュー・デリジェンスを企業も取り入れなければならなくなる、という方が、状況を適切に把握できるといえるでしょう。
 国際NGOなどは、ワシントンやブリュッセルでのルール作りのプレイヤーであるからこそ影響力がある、といえます。
昨年10月に日本政府も出した『ビジネスと人権 行動計画』の後工程として人権デューディリジェンスに関する法整備も検討されています。
企業の報告義務違反に対するフランスでの最大1,000万ユーロ、オランダでの4,100万ユーロの罰金のような強制性を伴う法制度化には少し時間が必要かもしれませんが、東証ガバナンスコード等のソフトローでの実現がすぐ動く可能性あるでしょう。
近い日に「一年以内に人権デューディリジェンスをしていないサプライヤーとは取引停止する」のような宣言を大手企業が出したとしたら、御社は耐えられるでしょうか?
経団連レポートでは「3割程度の企業が実施」とありましたが実態はまだまだです。欧米では主要インデックス銘柄の8〜9割が既に人権デューディリジェンスを実施しており、これから日本でも急速に進む取り組みであることは間違いありません。
ソフトロー→ハードロー化、という点に注目。
個人的には両方とも重要度が高まっているのが現在だと思う。情報が公開され、広がりやすくなっているからこそ、企業はソフトロー(誠実性など)を意識せざるを得ない。そしてだからこそ、それが社会論点になるからハードロー化にもつながりやすくなっているのではないかと思う。
ESGなどの流れがあるが、ハードロー化する前から社会として取り組んでいくためにソフトローがあり、でも抜け道をなくしたり誠実にやっている人が損をしないようにハードロー化が続く。

ソフトローやルール・エシカルについては下記などの記事から理解を深めていて、個人的に解像度が上がってきたと感じる領域。興味がある方は是非併せてご参照いただきたい。

「利益」とは何か 環境と人が促す再定義
https://newspicks.com/news/5870420

増島弁護士と馬田隆明氏が語る、社会実装とガバナンス──法・規範・市場・アーキテクチャでの規律とは?
https://newspicks.com/news/5862376
いつものように、川端さんの分かりやすい解説です。

気候変動、個人情報保護、人権といった話になると、「どうせ欧米(特に欧州)お得意の”勝てるルール作り”だろ?まずはお手並み拝見」と、なぜか斜に構える企業の方も少なくないように感じます。しかし、実際は日本でバズワードのようになる数年前から、欧州では議論が深められていたりします。

こうした記事などをきっかけに、企業の経営と現場で理解を深めて、情報収集からでもいいので行動に移していくことが大事かと思います(少なくともリスクの洗い出しについては早めに動いて損はないですし)。