新着Pick
838Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
ブロックチェーンを使ったトレーサビリティは数年前から、実用に向けて様々な取組みがされていました。
領域としては、食品の安全性や輸出入業務への活用可能性について、が多かった気がします。

新しい所で、芸術作品の著作権トレーサビリティなどもありました。

今回のコロナの影響で、サプライチェーンの継続性に関心が高まり、新たなサプライヤーを探す際に、その信頼性を確認するためのプラットフォームも存在します。

本記事のように、取引があるサプライヤーの健全性の可視化について、ブロックチェーンで貢献できる範囲は大きいのだと思います。

以下のような活用の方法もあるんだ!と興味深かったです。

>「Thank My Farmer」ではコーヒーのトレース機能を使って、生産者の顔が見え、栽培している環境・気候からサプライチェーン上の輸送ルート、自分が受け取ったコーヒー1杯までの物語を見ることができます。さらに特徴的なのが、生産者の困りごとや要望が書かれており、消費者は「Tip the Farmer」という支援機能を使って、学校の設備改善、道路整備などを支援することができるようになっています。


デジタルを活用した社会課題、是非推進していきたい領域です。

★ サプライチェーンの可視化とトレーサビリティを実現するIBM Blockchain

https://www.ibm.com/think/jp-ja/business/dx-intelligent-supplychain/
人気 Picker
顔料を埋め込むという手間とコストがネックになるような気がします。原材料の出自はわかるのですが、糸にし、生地にし、製品にするという加工工程はどうするのか気になります。縫製は下請けの孫請け、内職の人たちに依存しているケースがあります。ここでも人権デューデリが求められています。ブロックチェーンにこれらの工程をすべて記帳する仕組みのコストは相当なものになるのではないでしょうか。

トレーサビリティは必要不可欠です。さらなる進化をみたいものです。
コストとのバランス。例えばラグジュアリーブランドであれば、そのストーリーなど含めてブランドの付加価値で、サプライチェーン全体を「証明できる」ことは偽物対策含めて価値を上げることにつながりうる。
一方で、マスの場合はトレースできたとしてもわざわざそれをチェックする人がどれだけいるか。ブランド価値はあるが、ラグジュアリーほどではなく、代替物が多くある状態。基本的にはメーカーが言っていること、メディアが報じていることを基に消費者それぞれの価値観と併せた印象形成がされ、ブランド選好(プリファレンス)につながり購買に至る。だから話題になった時には、インプット情報が変わりプリファレンスに影響する(ブランドへの印象が悪くなる)ものの、マクロ的にはブランドシフトするだけだと思う。

本気でやるとしたら、制度・規制化が必要。ただそれの手法はブロックチェーンだけではない。あと世の中は完ぺきではないから、制度・規制化されていても、偽物は出てくるのが当たり前の歴史。
でもそのコストは消費者に転嫁される。だから、人命にダイレクトに効く医薬品とかではトレーサビリティ規制が増えているが、日々消費するような領域での現実論としては、個人的には普及しないと思っている。
この「顔料」を他の製品でどうするか、むかーしから問題はここ*だけ*ですねぇ あとは計算機どう回すかだけですねぇ

「まず物理情報を獲得するために、繊維に希少な顔料を埋め込みます。顔料は埋め込んでしまえば、加工しても消えません。」
これってブロックチェーンというよりも下請けを追い続けていって生産地及び管理者等をしっかり把握できているかというコンプライアンス的なアプローチで解決できるような気がしますが、そのレベルではもはやないということでしょうか。
いかに無実潔白を証明しようか、という点よりもユニクロやナイキなど実際に消費者から見て販売者になっている会社がルートを明確化して公表するなどすれば良いのでは?と単純に思ってしまいます。。
アパレルメーカーが産地トレースできない理由として、複数の原料が混在していることが大きい。
さまざまな原料を組み合わせて、紡績や生地作成、染色や裁断という加工プロセスを経て、最終製品にいたる。
原料の時点で、特殊顔料を混ぜるというアイデアとテクノロジーは面白いが、サプライチェーン上の全てのプレーヤーが合意しなければ成り立たない。
以前の記事にもあったが、新疆ウイグル産の綿花は世界の20%に及ぶ生産量を誇る。現時点で産地特定できていないサプライチェーン上の会社や工場が、このプロセスに合意するかは難しい問題だ。
この技術の肝はブロックチェーンではなく、顔料の方でしょう。
顔料が混ざっていることは分かるが、混ざっていない原料が混入されているか、産地ごとに固有の顔料が用意でき、そのユニーク性をどう担保するかがポイントでは。

ブロックチェーンかどうかは枝葉の話ですね。
この仕組み「物理情報(顔料)とデジタル情報(ブロックチェーン)を組み合わせた「二段階認証」の仕組み」はちょっと目から鱗でしたね。

ブロックチェーンはあくまでデジタルデータなので、NFTのようにデジタル物に対しては優子だけど、リアルの物理的なものに対してどうするのかと思えば、一度染み込んで仕舞えば変えられない顔料と結びつけるとは!

こういう発想をしていけばデジタルの活用はまだまだ拡大していきますね!
そうかもしれませんが、現状のプロセスなどをそのままシステム化すると言うよりは、これをまず見直し、最適化した上でのシステム化することで、より多くのメリットと将来の成長への準備が可能に⁉︎
SDGsそしてグローバルサプライチェーンの観点からも今後とても大切だと思います。今後の実用化に期待したい。STAY GOLD!