新着Pick
36Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
どうやら背景にあるのは独ビオンテックが中国の上海復星医薬集団(Shanghai Fosun Pharmaceutical)と締結していた供給契約。去年3月にこの中国企業が「大中華圏」市場("Greater China" market)でのワクチンの独占販売権を得る契約を結んでいたと。そして台湾は大中華圏に含まれるということで、台湾が確保できなくなった模様。台湾政府もビオンテックから直接ワクチンを購入する交渉の最終段階に入っていたが、中国の圧力により頓挫したとのこと。

欧州のバイオ・ベンチャーが、契約書に大中華圏と書いてあって、そこに台湾は含むのかとか確認するのは難しかったのかもしれない。機微技術管理の観点からも重要な問題。
今回の感染拡大もWHO参加を阻止するため、などという話もあるようです。