新着Pick
132Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
インドア農業はプレイヤーも出てきたので面白いですね。
規模の経済によりコスト面でも競争力が出てくると思います。
実際に見に行きましたがオランダなどは小国であるにも関わらずインドアやICTの積極的な活用により世界2位の農作物生産量を誇る農業先進国になっています。スマートアグリは日本を始め他の先進国でもやり方次第ではさらなる進化が可能だと思います。https://agri.mynavi.jp/2018_04_09_24273

また価格変動リスクは残りますが収穫量が一定だと飲食店などへ中長期の契約なども結べてキャッシュフローを安定させたりファイナンスがつけやすくなるかもしれませんね。
植物工場と言うネーミングが良くないですが、水耕栽培は可能性が大きいですね。通常の農地に比べて、土地も1/100で済み、水も70%〜90%節約できる。ただ一番の問題は大量の電力が必要になることですので、この中部電力の動きは興味深いです。
中小企業でも障害者就労支援B型としての植物工場の立ち上げは増えています。もちろん規模はここまではないですが、最低20坪〜の規模感でSDGsを紐付け福祉・飲食企業での立ち上げが多いです。
「世界最大規模の工場を静岡県袋井市に建設し、2024年1月に生産を始める」のだそう。規模もとても大きいものなのですね。
植物工場って生命の持つ力や生態系強さを矮小化しているような気がして、はねる気がしないけど、最先端の設備や技術ってどんな感じなんだろ。
中部電力株式会社(ちゅうぶでんりょく)は、愛知県名古屋市に本店を置く電力会社である。 ウィキペディア
時価総額
9,979 億円

業績