新着Pick
380Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コロナがビジネスに与えた影響は甚大です。嵐が過ぎ去るのを耐えている企業もあれば、パンデミックを奇貨として一気にマーケットを奪おうとしている企業もあります。

今回、ご紹介するビジネスは「中古ブランド品ライブコマース」。コロナで消えた「中国人による海外ブランド品購入の8兆円市場」を追って、前年比5倍という猛烈な勢いで急成長しています。

その成長要因を分析すると、コロナに加えてもう一つ、ITトレンドの大きな変化という大環境がありました。

日本の百貨店免税総売上高が2020年に前年比5分の1と、ちょうど真逆のトレンドになっていることもあいまり、コロナ禍が過ぎ去った後に以前の消費者は本当に戻ってくるのかと、ぞっとした気分にもなるトピックでもあります。

一見ニッチにも見えるビジネスですが、考えるべきテーマが詰まっています。中国のベンチャー投資、コンサルティングを専門とする板谷俊輔さんにお話をうかがいました。
海外からのブランド品購入の減少額6兆円に対して、
「海南島(中国のハワイ)」「中古品ライブコマース」
による増分は各2,000億円ほどと考えられますので、
マクロに見ると、インバウンド復活の可能性もまだまだ
あるのではないかと思います(期待も込めて)

一方でベンチャー側からすると、2,000億円の市場が
出現するのは非常に大きな話。近接領域にいながらも、
異なる生き物だった企業が、一斉にチャンスに気づいて
モデル拡張する姿には驚かされます

また個人的には、コロナによるきっかけはありつつも、
「Z世代台頭」「新技術(ライブコマース)」等により、
中国消費者が中古ブランド品を許容するようになってきて
いるという価値観の変化にも、色々と気づかされます

高口さん、編集部の皆さん、ありがとうございます
コロナ前の訪日外国人旅行者の中で、中国(本土)人は第1位で、1000万人弱の方々が訪日していました。14億人人口に対して1%にも満たないので、コロナ収束後の復活は期待できると思います。そして、コロナ禍で家の断捨離をしている人は多く、私もブランドバッグを複数、寄付チャリティーに出しました。(ファッションチャリティープロジェクトという、サービスを使いました。段ボールに適当に詰めて送ると、きれいに撮影して販売してくれて、販売金額は全額、出品者の指定する団体(NPO団体)に寄付されます)

コロナ前でもインバウンド旅行者に人気だった中古ブランド品コメ兵にもお客さんが戻ってくる気がします。
そして、「海南島(中国のハワイ)」は、免税特区なんですね。日本も、沖縄県はそうです。日本人でも免税価格で買い物ができたり、と特区扱いです。
そしてライブコマースと中古ブランド品の相性が最高とは面白いですね。いろいろビジネスヒントをいただきました。^^
確かに、中古品をネットで購入する際には、細かい点が気になるもの。ライブコマースであれば、例えば、バッグのハンドル部分や底など、傷つきやすい部分をその場でみせてもらって、状態をみて納得できるますね。

中国ビジネスの情報は半年前、1年前でも古びてしまう場合が多いので、高口さんや板谷さんのように第一線かつ長期間見ている方からの最新情報は要フォローだと思います。
すでにやっていると思うのですが、日本でのリアルなインバウンド需要が減ってしまったため中国のライブコマースで日本の商品を売り込むのはありだよな、と思ったりしますね。まだやっていない企業がいたら新しいビジネスチャンスかもしれません。
中国のブランド品需要は高いが、偽物対策のために、旅行時に買うことが多いと聞いたことがある(グラフからも分かる)。そのため、コロナで需要がどうなっているのかが気になっていたのだが、やはり海南島。でも記事の海外需要の減少と併せると、金額感としては全然カバーできていない。
LVMHの決算などでもアジアの増加は窺える。そして同社の場合は2021Q1はコロナ前の2019Q1を超えているという点で、「誰がどこで何を買っているか」を細かく見ていくと、次の商機があるのではないかと感じる。
https://newspicks.com/news/5765368
ブランド品の世界市場規模37兆3000億円のうち、3分の1(12兆5000億円)が中国人の購入とは。ブランドが大好きなんですね。確かに中古とライブショッピングは相性がよい。
近年、中国の通販市場で最も成長している分野はライブコマースです。

2019年の流通総額は4338億元(約6.9兆円)となっていましたが、新型コロナウイルスの感染拡大により需要が急増し、2020年は9610億元(約14.6兆円)になると予想されました。

中古ブランド品はライブコマースと相性が良いかもしれません。1点ずつの販売となりますが、偽物への懸念を払拭し、インターラクティブに交流でき、競争との心理も働きます。
このブームはしばらく続くのではないかと見ています。
状態が1点1点違う中古品とライブコマースの組み合わせはそれほど効率的でないイメージですが、現地まで行かなくとも事細かに見れるという点では消費者視点では嬉しいです。

いま主流の写真での確認だと、どうしても見えない部分が出てくるので買ってから「イメージと違ったな」が起こりやすい。
その点、リアルタイムにこちらが見たい部分を見せてくれるライブコマースはいいですね。

スケールの点で課題は出そうですが、売り方のひとつとして知っておくと良さそうです。
なるほど。ハイブランド消費の大半は中国というのはニュースで知っていましたが、その消費は国内の中古市場に回っていたのですね。
もともと中国で定着していたライブコマースと中古市場は相性が良いのはなんとなく分かりましたが、これも国民性ですかね?日本では全く流行る気がしません。
TV通販とライブコマースを比較するのもナンセンスですが、ライブコマースで成功した話って聞かないですよね。
この連載について
中国などの世界最新ビジネストレンドを紹介する週間連載。独創性にこだわりすぎず、競合の長所はすぐ学ぶ。「Think Different(異端であれ)」より「Think Different, Later(やってから考える)」な事例を取り上げる。