新着Pick
277Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
〜すべきである、と言う言葉、自己肯定を下げようというつもりなく仮に無意識の場合でも、発生していると思います。
私の経験の中でも、子供がうまれたあとの過ごし方は、子供との接し方、接する時間の幅、育児の仕方、などなど、周囲から良かれと思って言われた言葉に、やはり仕事復帰が早いとダメなのか…お迎え時間が遅いと子供に申し訳なかったのか、等、本当の正解や回答がわからないからこその、自己肯定が下がるタイミングもありました。
自分のコンフォートなゾーンから出ないように出ないように、べきろんによって、限界の枠、上限が自分の中だけで作られてしまうのですよね。外から見たら完全に箱の中の自分になってしまっているやもしれません。
様々な変化激しい環境に身をおく我々は、自分のぶれない軸は必要であり、枠の中におさまる自身を飛び越え、限界に挑戦するくらい、現行を疑う、今を疑う、ことがあっても良いですよね。そうなっていきたいと思います。
「普通」や「常識」と、社会生活を営むうえで、疑問を持ちながらも従っていることは多い。大切なのは、無条件で信じないこと。疑問を感じる心を封印してしまったら、思い込みから逃れられなくなる
「べき」も本質的な目的を示していれば呪いではないのよね。
ただ、本質的なことを伝えるときれいごととか言われてしまうのだけど。

例えば、教育の現場における「Learner Centerd(学ぶ人中心)であるべき」とか。ここはブレちゃいけないことなんだが。もしかしたら「べき」という言葉を使わないほうがいいのか?
関連記事一覧
実は給料が高い仕事ほど、AIに置き換えやすい 「正解を出す能力」で競い合うことの“落とし穴”
ログミー
60Picks

「いい奴だ」と言われる人と「優秀だ」と評価される人の違い 山口周氏が語る“優秀さの定義”の変化
ログミー
9Picks

「仕事がやりづらい」と思われてしまう人の特徴とは? 元経営コンサルが説く、“一緒に仕事をしやすい人”になる心得
ログミー
7Picks

「偏差値が高い」「正解を出せる」ことよりも必要な能力 多くの人が陥っている、時代遅れな“誤解”
ログミー
7Picks

「歴史に類を見ないほどボロ負け」した、日本の巨大産業 従来の典型パターンとは異なる“敗因”
ログミー
6Picks

水素エンジンの裏側で進められた、もうひとつの水素の取り組みとは
トヨタイムズ
6Picks

IKEAだけが気づけた、世の中の家具に足りないもの 着目すべきは「どう解決したのか」より「なぜ問題に気づけたか」
ログミー
5Picks

「安いだけのエアライン」を「戦争をなくす事業」へ 仕事を“自分ごと化”できる人の発想法
ログミー
3Picks

ロードスターのレストアサービスが神すぎる! オーナーが「もう手放せない」と感動した「鬼のリフレッシュ」っぷり(Auto Messe Web)
Yahoo!ニュース
1Pick

【新社会人に贈る】仕事を楽しめる人になるための3つのヒント
新・はたらき方戦略
1Pick