新着Pick
169Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
昨年と今年の新人は、「不完全燃焼」が印象的でした。コロナ禍不安のためか、即やめはいませんでした。
いつでもいるすぐ辞める社員に共通なこと2つは、他人と比較する癖と、知ったかぶり、だと感じます。詳しくはお読みください。
人気 Picker
昨年の入社社員から今年の入社社員についての特にケアが必要と感じております。また中途社員の皆さんも同様です。仕事の仕方がわかっているかどうかでも違いはありますが、やはりリモートワークの環境のもたらす影響は、新卒社員の皆さんにはなかなか人と組織とつながることができない、コミュニケーションが取りづらい、理解していないことを聞きたいが話しかけていいものか、わからないことを言って大丈夫なのか、心理的安全性のある環境を作ってあげなければと思っています。
リモートワークの環境の良いところもありますが、社会で働くということは社会とつながるということ、社会に貢献するということ、これを感じることができるために、何がよいきっかけ作りができるか、アイデアを考え考え続け実践しています。
学ぶ機会、まわりとつながる機会、コミュニティなどに参加する機会、雑談でもリモートで集中する時間、評価ではなくメンタリングなどなど、できることはどんどんしてあげたく、本来の活躍できる力を発揮してほしいですね。
よくある話、、と思って読み始めましたが、
改めて認識しておかなければと思いました。
新入社員に限らず、仕事が変わった人、
新たな環境に変わった人、、にも当てはまるかと。

成長の基盤になるのは、素直さ 再認識。
歓迎会といったイベントも減っていることから、先輩や上司との関係構築も課題となっています。また、オンライン研修に関しても、個別で受ける形となるため、孤独感を与えないように工夫する必要があります
新入社員研修で私が一番伝えてきたことは「比較をするなら過去の自分」と言うことです。どうしても周りの友人と自分を比べて「一喜一憂」しがち。
そして「知らないことは知らない」「わからないことはわからない」ときちんと伝えられるかどうか。そこがその後の成長の分岐点になると思います。
なんだ、新入社員向けに書いた記事なのか、面倒見る側に向けてかと思った。逆に言えばきちんと人と比較しやすいように(できないなら出来ないことを自覚させたり)したり、完全燃焼出来る場所を提供するのが企業には必要なことかと思います。特に大企業では出来る人だけ残すなんてことができる、買い手市場では無いですからね。