新着Pick
220Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
モリゾウさんチームの水素エンジンカローラで24時間レース完走、色々な困難があったことは想像に難くないと思います。カーボンを含まない水素でモータースポーツが楽しめるということは、カーボンニュートラルの新しい文化の1ページを刻みました。水素エンジンは2000年頃にBMWがV型12気筒で実用化を目指し、日本でもお披露目しました。しかし、水素エンジンといえばマツダのロータリーがもっとも現実的だと思います。RX8の水素ロータリーは日本やノルウェで何度か走ったことがあります。

 ところで、水素エンジンといえば、私の母校である武蔵工業大学(現在の東京都市大学)の古浜先生が先駆者です。大学生のころ(70年代前半)、学校の構内で水素エンジンを積んだクルマが「プスン、プスン」とノッキングを出しながら走っていたことを思いだします。いまから半世紀前のことですが、子供心に「将来は水素で走って、テールパイプから水を出すクルマが来るんだ」と思いました。

 今回のトヨタの水素チャレンジは単なるお遊びではなくカーボンニュートラルに対する一つの可能性を示したわけで、カーボンニュートラル=EVという単純な考えに異を唱えたことになります。それをレースでプロモーションするところがモリゾウさんらしいですね。

 このような取り組みはドイツが得意で気体燃料のレースでは2009年にVWがCNG車(天然ガス=メタンCH4)でニュルブルクリンク24時間に参戦したことがありました。VW社の技術部門のトップだったハッケンベルグ博士も、実際にハンドルを握って走っていました。そのとき私も同じレースにSUBARUを走らせていたので、記憶に新しいです。https://response.jp/article/2010/04/19/139337.html

いずれにしても、水素を燃やす内燃エンジンあるいは水素から合成燃料を作って燃やす内燃エンジン。カーボンニュートラルの道筋はいくつもありそうです。科学技術の多様性を追求することこそが、自動車業界には必要なのでバッテリーEVだけをおいかけても課題解決にはならないと思います。
水素関連では6/2に水素シンポジウムを開催します。柏木先生と黒崎先生がご登壇します。 https://www.sc-abeam.com/news/article/20210518-1/
清水和男さんが書かれている通り、バッテリーEVだけが解決策ではありません。

問題は時間軸です。このままではEV、FCV以外のクルマがなくなります。
コメントを拝見すると水素エンジンはかなり前から研究されていたとのこと。水素と炭素を反応させてつくる合成ガソリンも含め、既存の内燃機関を生かせる技術を国をあげてもっと早くから支援できなかったのでしょうか。
政府は2兆円の環境基金を立ち上げ、水素関係にも2800億円投資するとのことですが、アメリカの雇用計画(2兆ドル)と比べると大きく見劣りします。

日本車が積み上げてきた技術に優位性がなくなることは、自動車メーカーのみならず多くの方々の雇用に大きな影響がでます。
政府には戦略的な産業支援を期待したいです。
レースにはエンジン音が欲しい。
水素エンジンは、(EV化が進むに伴って)すでに撤退した海外メーカーがあります。

エンジン部品の製造は多くの下請け企業が行なっており、エンジンがなくなると雇用等に大きな影響が出ます。

下請けや雇用を守るためにトヨタが孤軍奮闘するのは、無理があります。

IT企業も参画しているEV車化の流れに、どうやって対抗していくのでしょうか?
脱炭素時代においても、内燃機関車の文化と雇用を守ろうとする心意気は素晴らしい。

なんでも昨年、豊田社長とレーシングドライバーの小林可夢偉さんがたまたま居合わせた水素エンジン車に同乗したのがきっかけだったとか。そこからレース参戦に即繋がったスピード感はすごい。
https://toyotatimes.jp/insidetoyota/137.html

F1も気候変動問題を無視できず、2022年から10%のバイオエタノール混合を義務づける。既にフォーミュラEといったEVレースはあるが、それはそれで新しい文化とはいえ、エンジン音がない事に寂しさを感じるファンもいる。

そこで登場したのが水素エンジン車。燃料電池車も水素を燃料とするが、水素エンジンの場合、純度が低い副生水素の利用も可能になるメリットもある。また、水素は燃焼速度が速いので応答がよく、レース向きの側面もある。

しかし、ガソリンと比べた場合の体積エネルギー密度が圧倒的に低く、馬力が出せない(同排気量のエンジンの1/4程度か)。燃費も悪く後部座席を潰して水素タンクを積んでも航続距離は50km。新設されたST-Qクラスでスープラとの2台参戦。平均時速は80km。まだまだ実験レースなのが現実。
未来の技術オプションは、社会的には多い方が良い。レースは未来の技術への養成場でもあるし、ワクワクする。

こちらは、水素を、エンジンの燃料として利用したモノ。MIRAIなどの燃料電池車は水素を酸素と結合させることで電気を発生させるもの(水の電気分解の逆)。
同じ水素からのエネルギー効率では、燃料電池とエンジン燃料として利用した場合、どちらが良いのだろう?と思い、調べてみたら、下記に推測は出ていた。レースと公道での使い方の違いなどはあるだろうが、同じ充填からでは燃料電池のほうがよさそうに見える。水素エンジンも燃料電池も、水素タンクの高圧化・低コスト化が一番のキーポイントに見える。
https://kuruma-news.jp/post/370973/2
水素エンジンで完走、凄いですね。

自動車産業でのカーボンニュートラルは「EV」が一強の状況ですが、二酸化炭素の排出に関しては製造工程から考えるとEVが優れているわけではありません。

結局は、未来の描き方の違いなのかな、と最近感じます。

テスラは将来、地球が住めなくなる前提で考えており、火星の移住を計画しているため、火星に確実にあるエネルギー源=太陽のため、電気に拘っています。

トヨタの取り組みはあくまでも地球人が地球で生活し続ける前提での取り組みで、持続可能なエネルギー開発の視点からすると、自動車産業以外でも「水素」は必須です。

一時期はEV一択的でしたが、トヨタの継続的な取り組みにより「水素」が世界を動かせる日がくるのかもしれません。

私は地球がボロボロになっても、火星に移住する側に選択されない気がするため、トヨタを応援したいと思います。

▼まとめ
・トヨタ自動車が開発中の水素を燃やして走るエンジン車が24時間耐久レースに挑戦
・水素のみを燃料にしてレースを走ったのは世界初
・福島県浪江町の太陽光発電で製造した水素
・約4.5キロのコースを358周
水素エンジンには、バックファイアと冷却損失などの課題が多いとされていますね。昔にさかのぼれば、ガソリンエンジンやディーゼルエンジンにもたくさんの課題があったはず。それを技術者の努力で乗り越えてきた。

水素エンジンもきっとできると信じている。

バックファイアがないとされるロータリー水素エンジン。マツダも頑張ってほしいな~
トヨタはやっぱりスゴい!

レースは、新しいクルマにチャレンジする実証実験の場なんだなぁ。
水素で走るクルマ MIRAI(ミライ)の量産を確信しました。
富士スピードウェイを358周した。とありますが素晴らしいですね。実走行をまだ見ていませんがフォーミュラ1もところどころで環境についての取組みなども織り込んでいますので、今後ますますカーボンフリーのレースも想定、検討されますね。一度実際に観てみたいです。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
32.2 兆円

業績