新着Pick
64Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この「プラットフォーマーと独占」というテーマは注目。iOSとAndroidの寡占市場でテイクレートは同じ。皆さんはどう感じるのでしょうか。

競合の阻害は(tileの件も含めて)さすがにやりすぎ感ありますが…

長引くとアプリ配信市場の規制強化につながると考えるアップルは早期幕引きにむけて動いているとのこと。アプリ市場が変わるかも?
大きな山が動く可能性が高まってきてる。落としどこらはApple、クレカやPayPal、Stripeなどのサードパーティ決済を認めるところかな。何にしても現状の30%という手数料は下がることに繋がりそう。これは大きい
実質2社で独占する市場は、ボーイングとエアバス、VISAとMastercardのように他にも存在しますが、独禁法に触れるかどうかは料金の妥当性です。

さすがに一律30%は高すぎたのでしょう。おそらく売上が高いほど料率が下がる逆累進課税のようなスキームになるのではないでしょうか。
争点は極めて弱い、というか当たり前すぎて今更感が強いです。Appleはエピックに勝っても議会や当局を敵に回していますので、どう対応するか注目。
ユーザーというか、対象とするペルソナが大衆を相手にしている点で今後ますますアプリの市場は増すと推察される中で、プラットフォーマーのビジネスの大きな変化が今まさに起ころうとしているのですね。
決済手数料30%はやりすぎ
アップル(英語: Apple Inc.)は、iPhone、iPad、Macintosh (Mac)、その他ウェアラブル製品や家庭向けデジタル製品、それら諸製品のソフトウェアなどを開発・販売している多国籍企業である。2007年1月9日に「アップルコンピュータ」(英語: Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
267 兆円

業績