新着Pick
91Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
私もこれまでも何かしらのPTA委員はやっていましたが、いずれも週末で作業がすむようなものです。今年はまさにPTAの一つの機能のリーダーを担当しております。
小学校卒業までに、何ポイントと数字が決まってり、そのポイントを稼がないといけないために(ルールは学校によっても様々ではあると思いますが、)やはり平日にしかも昼間などの時間で会社を休まないといけないことには抵抗が大きかったですね。ですが、昨年からオンライン開催で、ズームで基本的には開催できますから休むことなく実施開催できるためとてもスムーズです。特に書かれているように、集まるときは基本的にお母さん側のみで、PTAの Pはペアレントなのに、なぜお母さんのみなのかという違和感を当時感じたことを覚えています。
最近では、男性も増えており、PTAのダイバーシティ、参加の仕方も自由な選択で多様化しており、やりやすくなったと思います。
ちなみにPTAに決まるまでは長い時間がかかり、なかなかやるのはちょっと…という感覚はかつても今も同じだったのですが担当してみると、それはそれで、学校を取り巻く環境を学び、知らなかったことも多かったです。たくさんの人に支えられ子供たちが安全に学ぶ環境を作っていただけていることに感謝せねばと改めて思いました。
はい、現役PTA会長です笑

コロナ禍を契機に運営を効率化し、誰でも参加しやすいPTAにというのはおっしゃるとおりです。
一方で、PTAは学校と二人三脚ですから、学校側のペーパーレス化などが進まないと(少なくとも先生方の理解が醸成されないと)、抜本的な改革はできないのが現状です。

また、最も大切なことは、運営を効率化したうえで何をなすかです。
PTAはあくまでこどもたちのための組織ですから、親の活動が楽になった!で止まることなく、その浮いた時間で改めてPTAとしてこどもたちのために何ができるを考えていきたいと思っています。
「誰かの手が上がるのをひたすら待つ地獄の時間がなくなり、気が楽だった」
確かに去年も今年も、3人の子供たちのどの保護者会に行っても役員決めがびっくりするくらいスムーズでした(希望者が多過ぎて抽選ないしはジャンケンになるくらい)。
保護者の方の中には「コロナ禍でイベントが少なく、以前に比べ負担が少なくて済むから(立候補した)」と言う方もいらっしゃいましたが、これを機にPTAの活動を効率化させていくのは大賛成です。ママだけでなく、パパにも参加してもらい、一気にDXを進め、効率化できた余力で、子どもたちのための新しい取り組みを考えられると良いですね。
保育園の運営委員会も書面開催になりました。現状の報告を書面で作り、意見をもらい回覧という形です。
効率的になりましたが、一方で保護者と顔合わせる機会が減ったので関係値の希薄化を心配しています。

近年はPTAのネガティブな意見が多いように個人的に感じていたので、書面開催の良い面が圧倒的に多いのでしょう。
一方で保護者と学校側の関係値の希薄化、そして保護者ネットワークを作る機会が減るのでその点を補うツールがあればより良いと思います。
私自身は全くPTAとは関係ありませんが、ビジネスと同様、皆がなぜこういうやり方でやらなくてはならないのかと思われていた会議などが、どんどんオンライン化されて、アクセスがよくなり、効率化されるのは良いと思います。学校、教育は効率化を考えられない「最後の砦」みたいな印象があるので。
自分が行った学校を訪問するとXX十年前と同じ様子なのに愕然とすることが多いです。
PTA改革にはすごくいい時期だと思います。一気にデジタル化が進むといいと思います。
PTAの他にもマンションの管理組合総会などコミュニティの意思決定に関する会議体がオンライン化したり書面決議化しつつあります。それにより、効率化が図られたり良い点もありますが、「議論が行われない」ことによるコミュニケーションの行き違いやコミュニティ形成の上での課題がこれからどっと出てくると思います。問題点はこれから認識されてくるはず。それにどう対応するか、社会のさまざまな分野で、おそらく来年の大きな課題として認識されてくると思います。
工夫自体はコロナ前から始まってたものが多いです。マインドの変化といえば共働きが増えたことでプリントパックみたいな外注を受け入れるムードが強まりました。それとコロナでPTAがやらなかったら行政はやらない・できないというイベントが数多くあることが認識されてむしろPTAは変える部分は変える必要がありながらも無くすのは惜しいというムードは強まったと思います。学習指導要領だったかに社会教育は地域の協力が不可欠としてPTAを媒介に地元の社会と学校の共同で何かをして自分たちがどんな人たちと支え合いながら生きているかを知りましょうというようなことが書いてあります。人の暮らしとは家賃と税金さえ払ってれば何もしなくて良いホテルみたいなものではなくて労働力も出すという考えは少し古いかもしれませんが決して少数派ではなく国もその考えですし多くの人はそれを義務教育の段階から組み込むことに賛成だと思います。野党議員とかは人気取りのために「xxxは本来は税金でやるべきことです!私たちが議会で提案します!」って言いますけどね。
PTAではクラスの広報委員やっております。
ひとり親なので保護者会も私が出ておりますが、PTAの役員決めるときも、お互い手を上げづらい空気の中、自ら手を上げて決めてしまいました。

最初の委員の集まりの際も、役割分担で、自らアンケート係に手を上げて決めてしまいました。これも、保育園の父母会役員やったころ、保護者アンケートのGoogle form化で人員削減達成した実績あったので、それを転用しただけ。これも文字起こしの工数減っていて成果出してます。

先日そんなPTAの委員の名簿が配布されましたが、男性と思しき保護者の委員役員は私だけでした。すごいな。委員とか全部で200人くらいいるのに。

まあ、こんな委員も、かつては専業主婦の方のボランティアに頼ってる部分だったのかもしれませんが、共働きも増えてきて、スマホというツールや、コロナでZoomというツールも家庭内に広まって環境は整いつつあります。日中学校に集まる!みたいなものが改まると、共働きの方やパパなども参加しやすいかと思います。

多様な人が携わることで、効率化も進みますし、PTAとして本質的に必要なことは何かなと議論されるのではないかと期待しています。前向きな組織になれば、人も携わりたくなるようになるでしょうし、そうなるとクラスでの、なかなか手をあげない行き詰まる時間も短くなるでしょう。
オンラインでもオフラインでもMTGをしていて感じるのは、今行われている7割ぐらいのMTGはチャット等で代替可能で代替すべきということです。

内容もさることながら、発言をしないような方もあり、そんなことが僕の目に止まると弊社社員は厳しく叱責されます。