新着Pick
173Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
私の集めている認識と真逆で異なるコメントが多くてどちらが正しいか現地の裏取りもできてないので危ないなと思いました。FBなどではコロナの専門的な内容のコメントには注意表記が出されます。アメリカではアストラゼネカワクチンは副作用のこわさから敬遠されており、だから日本に卸してきた。それを日本は更におろすという構図に見えていますが、詳しくは分かりません。推測です
人気 Picker
きわめて有意義な日本のワクチン外交となる。ウイルスの変異を止めるには中低所得国も含め世界中で感染拡大を抑える必要があり、そのためにワクチン接種の加速化は不可欠。もともとアストラゼネカ社ワクチンは「世界の薬局」のインドが製造拠点となり途上国に大量供給する予定だった。しかしインドは感染爆発してしまい、すでに国内を優先して1.5億回接種したが、それでも間に合わない。この状況で日本が製造したアストラ社ワクチンを世界に提供することは、非常に重要。

日本のワクチン接種完了率は人口の2%で、米英と比較して遅いとの報道ばかり目立つが、タイ、フィリピン、ベトナムなどはまだ人口の1%程度。アフガニスタンは0.2%。中国やロシアしかワクチン輸入の選択肢がない中低所得国に、コールドチェーン支援とあわせて日本が支援することは歓迎されるはず。健康被害のリスクも含め、供与先の国政府は合理的に判断するだろう。エビデンスは世界の医学誌で公開されている。米国も6000万回以上のアストラ社ワクチンを海外に供与すると表明しており、日米で足並みを揃えた国際貢献になる。ぜひ進めていってほしい。
ワクチンのCOVAXへの提供自体は深刻に検討されるべきです。これは、日本にとっても最も重要な最優先課題の一つです。

ただし、記事に記載の通りですが、課題はあります。また、記事で触れられていない課題として、アストラゼネカのワクチンは「地域を選ぶ」かもしれないという点も挙げられます。

アストラゼネカのワクチンは、英国由来の変異ウイルスに対しては依然として有効性が確認されていますが、南ア由来の変異ウイルスには有効性が確認できていません。

このため、該当の変異ウイルスが主に流行している地域ではワクチンが十分活用できない可能性もあります。

引用文献: https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa2102214
提供を求めてくる国に対して、賠償責任を負担することを条件に供給すればいいのではないでしょうか?

ワクチンが無駄になるからという理由で、責任も持てないのに他国に供給するのはかえって危険です。
これだけ不確定要素の多い中でよく多めに調達できたと思うしアベノマスクの時にはたまたま感染者数が低めかつマスク供給がなんとかなっただけで発注検討していたであろう時期にはジジババが朝5時からドラッグストアに並んで店員罵倒するのが毎日の光景だったほどにマスク不足が社会問題化してた。けど実際に届いた頃には解消していてムダだのバカアホレベルで批判された。ワクチン予約システムも変異株なかったらムダになってたかもしれないしワクチンも何でこんなに買うんだとか批判されてた可能性高い。ましてや厚労省の承認が通らないとかアジア人だけに大きめの副反応が見つかるとかして使えなかったらそれは後知恵でしかなくて政府の責任にしても仕方ないのにマスコミは10人の専門家を事前に連れてきて1人でも「xxxという可能性がある」とコメントさえ取っておけば「事前に専門家の指摘があったのに無能な政府がお友達の業者に中抜き横流しさせるために強行」みたいなデマを流す。本当にひどい。
今のワクチン確保数だと、日本はアメリカの次にワクチンが期限切れになる可能性が高いですよね…

イギリスの友人達、アストラゼネカのワクチンの方が副反応が少ない、弱いと言っています。
血栓リスクは50歳以上の場合は問題ないとイギリス人は言っていますし…うーん
国内では血栓ができる懸念から利用を中止するのに途上国向け利用は大丈夫ということですか?

人の命に重軽つけているような。
血栓などの副反応に関する情報を提供国にしっかりと共有して欲しいです。投げっぱなしではなく。
アストラゼネカとジョンソンアンドジョンソンのワクチンは保管しやすいと言う点で、めちゃくちゃ優秀。因果関係もわからない、ごくごくわずかの副反応的なものに振り回されず使っていった方がいい。なんだってこの2社は歴史とノウハウがあるから、長期的にはモデルナより安全性高いと思う。
100万人に1人でしょ。普通に日本で使って欲しい。
これを危なそうだから使わないって、外歩いたら交通事故にあうかもしれないと行って外に出ないようなものですよね。