新着Pick
340Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これゲーミフィケーション組み合わせるとつまらない単調作業もスライム狩り的にゲーマーにやってもらうことができるようになる。プレステとかで動くと良いなぁ
これを更に拡張して、緊急時に不特定多数のブレインが現場で活躍できるようになると面白いと思います。例えば福島原発の事故発生時に、状況を与件とした上でどう解決するか、というお題を世界中に発信できていたら、謎解きゲームのプロがゲーム感覚でその複雑な状況の解決策を見出し、ドローンレースの優勝者がロボットを精密に操作して解決していたかもしれません。
緊急事態をゲーム化するのは不謹慎と言われるかもしれませんが、緊急時のシミュレーションを今の体制のトップが考えるのと全く違う切り口が生まれ、ゲーマーや謎解きオタクが世界を救う可能性だって大いにあると思います。
この組み合わせ、いろんな取り組みが期待できるかも。
特にバイオ系は強くなりそうな予感

ロボット用のカメラ、マイク等のセンシング機器も出してほしい。
産業用ロボットのプラットフォームを、自社工場などでの利用もしながら作っていく、ということだろうか。
川重はロボット領域に力を入れていて、医療でもシスメックスとJV(メディカロイド)を作り、ダヴィンチ代替ロボットのヒノトリ(①)や、PCR検査ロボット(②)をやっている。
なお、写真に出ているソニーの御供常務は、ソニーの知財をやってこられた方で、是非NP編集部記事(③・④)もご覧頂きたい(写真でどこかで見たことがある、と思い!)。

https://newspicks.com/news/5619925
https://newspicks.com/news/5803039
https://newspicks.com/news/2429703
https://newspicks.com/news/2429725
働き方の選択肢が増えますね。

ロボットを遠隔から操作できるとなると、クラウドソーシングもありえます。
需要増加に伴って採用増加すると、実工数以外の負担もありますから。
必要な時だけ人を募るという選択肢も出てきます。

とはいえ、正社員として雇用を確保したい気持ちもある。
この新会社で新しい企業と社員の在り方を見出してほしい。
以前にAIの講座にてヒト型の強いAIは現段階では非常に開発が困難であり、意思決定、自動翻訳、音声認識、画像認識という順にAI開発が困難なモノから得意とするフローである事を学びました。

あらゆる産業、業界、業種においても通勤などしないといけない状況なのが今ですが、今回の報道も含めて結構なスピード感でロボットに関する自動化も加速していくのではないでしょうか。
「体」と「頭」の組み合わせ.「魂」を入れられるか.
「本人による本人の仕事の遠隔作業が実現し、ロボットが人間の分身のように動ければ現場に行かなくても働けるようになる。こうしたことにより危険な作業から解放されるなど働き方が大きく変わる。」
なかなか難しい製造業のリモートワークの可能性も広がりそう。
どれくらいのマーケット規模になるんだろう
期待したいですね
川崎重工業株式会社(かわさきじゅうこうぎょう、英語: Kawasaki Heavy Industries, Ltd.)は、オートバイ・航空機・鉄道車両・船舶などの輸送機器、その他機械装置を製造する日本の企業である。三菱重工業 (MHI) ・IHIと共に三大重工企業の一角を成している。 ウィキペディア
時価総額
3,809 億円

業績

業績