新着Pick
158Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
出社していれば評価されていたのは過去。

働いてい姿を見せているだけでも評価されていましたからね。

リモートワークを前提とした価値創造と評価方法、自分たちなりの工夫をする必要があります。正解はありませんから。
人気 Picker
評価者と被評価者とのコミュニケーションで大切なのは、お互いの期待値をすり合わせておくことです。その上で出した結果に対してしっかり説明できるようにしておくことが重要となってくるでしょう。
この絵が面白いですね、見えませんものね。
リモートワークに早くから環境を整えて、シフトしていった働き方には割とポジティブな反応が多く、書かれている満員電車に乗らないですむ、移動時間通勤時間がなくて生産性があがる、特に子供さんがいらっしゃると、家にいるために子供さん方にとっては帰ると親がいるから嬉しいなどなど、様々なリモートワークをポジティブに受け入れている方がいる一方で、
ネガティブな面や難しい面が見えて参ります。
コミュニケーションであったり、チームで進める際の期待値がわからない、相手の表情が見えず成果が見えにくいなど様々です。アフターコロナの時代は、きっとハイブリッドであり双方の働き方を選択する自由なスタイルが好まれると思いますが、成果を定量的に評価できるように、リーダーの期待を見える化すること、またメンバーも受け身ではなく、自ら主体的に自身のアウトプットは見える化していってほしいですね。見えないことが前提となった関係の中で、相手がどう感じるかを逆の立場に立ってみながら、リモートワークを進められたらと思います。
これまで人事評価の精度を高めるためには「評価者」ばかりトレーニングしていましたが、テレワークが進んだ今後は「被評価者」のトレーニングが必要になるというか、その方が変に監視され続けたりするより、みんな幸せだと思います。「陰徳を積む」という美徳はなくなってしまうのは惜しいのですが…
よくこんなサムネイル画像を見つけてきましたね・・・これは見えないです。。
プロセスが見えにくくなるのでアウトプットで評価せざるを得ないですね。それが良いか悪いかは色々あるかもしれませんが、明確にアウトプットを出してそれを評価する方が健全な気はするのでそうゆう働き方にシフトするのは良いと思います。
雰囲気で仕事をしていた人にとっては、リモートワークは成果物が出ないといけないので都合が悪いのでしょう。リモートを受け入れられない姿勢では、淘汰されていくでしょうね
関連記事一覧
「メンバーに主体性がない」と嘆く上司はマネジャーの仕事がわかっていない - やるべきことはたった4つだけ
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
61Picks

クイズ王・伊沢拓司「正解できないことが好き」 QuizKnockメンバーが語る意外な”特訓法”
AERA dot. (アエラドット)
32Picks

業務委託メンバーが活躍する組織において、考えるべき評価手法とは
パラれる|「1人が複数の会社で本気で働く世界をつくる」メディア
9Picks

リモートワークで新メンバーとの会話が噛み合わない ビジネスマンが知っておきたい「返答力の7話法」
ハーバー・ビジネス・オンライン/最前線ビジネスパーソンの『知りたい』に応えるビジネスメディア
6Picks

ブレない芯の強さこそ私らしさ。受け入れてくれたメンバーのために動く広報でありたい
talentbook
5Picks

100億以上調達する様なベンチャーの創業メンバーだっけど、ダークサイドに落ちてみて分かったこと 「自分の人生は自分でしか幸せにできない」
note(ノート)
4Picks

フェイスブック幹部教える、リモートワークでリーダーがメンバーとの仲間意識を育む4つの方法
Business Insider Japan
4Picks

「2億円が当たるメンバーに」信じた女性、110万円だまし取られる
神戸新聞
3Picks

濃厚接触者全員が南アサッカーのメンバー
共同通信
2Picks

大谷が先発メンバーから外れる 左腕と休養などで
産経ニュース
2Picks