新着Pick
71Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
空間として異なるシーンをシームレスに繋ぐことに加えて、時間も超えて繋がったらもっと面白いかと思います。例えばコワーキングスペースが朝はカフェ、昼は働く場、夜はエンタメなど自由に変化できたら可能性はより大きくなると思います。
ビルから木が生えていて東急不動産…表参道の東急プラザがそうで、また対面で再開発中の「神六」も同様。
本件は隈研吾氏、東急プラザはNAP建築設計の中村氏で隈研吾事務所出身(①、とはいえ探すと2002年までの所属)。神六は平田晃久建築設計事務所とある(伊藤豊雄建築設計事務所出身)。
というわけで、木が生えるスタイルは、隈氏の系譜かと一瞬思ったが、最近の東急不動産の方向性という印象。

https://www.fashionsnap.com/article/tokyu-plaza-omotesando-harajuku-shop/
https://www.ryutsuu.biz/store/m090748.html
「これからの時代に求められる複合施設は「異なる用途が存在する」ことだけでなく、「各用途が融合し、施設全体で拡張した暮らしの選択肢を提供する」ことが必要だと考えたとのこと。」
なるほど。コロナ禍を踏まえた新しい複合施設。どんなものになるのか、楽しみですね。
代官山もいいですね、まだまだ。やはりこのエリアは魅力的。
東急不動産ホールディングス株式会社(とうきゅうふどうさんホールディングス、英語: Tokyu Fudosan Holdings Corporation )は、東急不動産・東急コミュニティー・東急リバブル・東急ハンズなどを傘下に持つ持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
4,456 億円

業績