新着Pick
109Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ESGの取り組みが、“環境”や“社会”だけにとどまらず、企業のサステナビリティにも影響するという認識が一般的になりつつある中、一気に各社の取り組み内容が本格化してきているような印象があります。毎日のように新聞記事でも目にしますね。

『自社のパーパス(存在意義)にまで立ち返って問題を根底から考え直し、それを踏まえて事業のポートフォリオやテクノロジーのプラットフォームを改めて設定し直さなければなりません。』とありますが、まさにその通りで、しかも相当難易度が高く、各企業の大きな経営課題になっているように思います。
ESGへの取り組みが本業とどうつながり、企業価値の向上にどう寄与しているかまで見せることが重要との考えに共感します。エンゲージメントなど、投資家と対話する共通言語となりうる指標の確立も必要ではないでしょうか。社会貢献と多様なステークホルダーの利益追求を両立させることが持続可能な社会実現には必要だと思います。