新着Pick
394Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
心よりご冥福をお祈りします。もう一度、古畑任三郎見返してみよう。それにしても、コメント欄にこんなに各回の思い出が並ぶドラマって他にあるでしょうか。三谷さんの脚本も、田村さんも、脇を固める俳優陣も、毎回の犯人役も、素晴らしかったです。僕の中では『喋りすぎた男』(明石家さんま)が印象深いです。犯人が最も可哀想でコメディ色が強いのは『間違われた男』(風間杜夫)ですね。こちらも三谷脚本ならではの良さが存分に発揮されてる名作。ラストの「あなた、誰なんですか?」「……ゆっくり話そう……。」の掛け合いまでの流れがほんと素晴らしいです。
人気 Picker
幼児だった息子も一緒に観ていた古畑任三郎。その息子が、ドコモの等身大のコマーシャルのボードを街で見かけ、「古畑任三郎がこんなことも?!」と目を丸くしていたのを思い出します。それよりずっと前からしっていましたが、ググって見ると、案外観ていたドラマはなかったみたい。田村三兄弟の中では一番のイケメンというのは知っていましたが、そうか、阪東妻三郎の息子だったんですね。ご冥福を祈りつつ、古畑任三郎、アーカイブ観ます。イチローのとか。合掌
古畑任三郎は僕の知っているエンターテイメントの中で今も最高峰で、構成、リズム、ストーリー、音楽。どれを取っても洗練されていてお茶目で人間臭くて、大好きでした。田村正和しかあのキャラクターは作れなかったと思う。ご冥福を心よりお祈りいたします。結構悲しい。
衝撃です。こうした訃報を聞いて衝撃を受けることがこれから増えるのかな。

何を演じても田村正和と言われつつ、そんなことは何も気にせず、どの時代にも、どのお役にもきちんと合った素晴らしい役者さんでした。二枚目と呼ばれる方は年齢が重しになると言われていますが、そうしたことも軽く越えていましたね。これはやっぱり血筋かな。今、頑張っている数多くの役者さん達(私は特に歌舞伎好きなので)エールを送りつつ、心よりご冥福をお祈りいたします。
小さい頃からファンだったので残念です。ご冥福をお祈りします。

死因となった心不全について。心不全は心臓の血管、弁、電気信号、心臓の筋肉などの異常によって、本来の心臓の機能である「全身の臓器に血流を送り出す」ことができなくなって起こる病気です。心臓が上手く働けなくなることで、呼吸困難、足のむくみなどの症状がみられます。毎年約7万人が心不全で亡くなるとされるほど、多い病気です。
Oh no!
大学一年の頃、マレーシアのパハン州の漁村でのホームステイ中、ホストファミリーから「これは日本のテレビだろう?」と呼ばれてみたところ、「古畑任三郎」でした。マレー語吹き替えになっていた様子を今も鮮明に覚えています。テレビドラマの名作を遺して頂きました。
古畑任三郎、大好きなドラマでした。中でも明石家さんまが犯人の回である喋りすぎた男は屈指の回だったと思います。ビンタされたキムタクの回も印象的だった。古畑任三郎が好きすぎて田村正和さんや西村和彦さんも好きになってその後の作品を追っ掛けてたなあ。中学の頃、暗くなった学校で古畑任三郎のモノマネ真似してたなあ…

ご冥福をお祈りします。
幼い頃からテレビの世界で当たり前のような存在であった俳優さんやタレントさんの訃報を目にする機会が増え、自分自身が年を重ねてきたことを実感します。ご冥福をお祈りします
残念です。古畑任三郎も大好きでした。ご冥福をお祈りします。