新着Pick
355Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ハマースのロケット弾は1発1,000ドル、アイアンドームの迎撃弾は1発8万ドルです。ロケット弾1発を打ち落とすのに、イスラエルは80倍のコストをかけています。ここに、コストをめぐる戦いがあります。
 イスラエルのGDPは4,000億ドル、ガザ地区のGDPは10億ドル程度です。しかし、イスラエルが国家予算の15%程度を軍事費に使わなければならない大きな理由の一つがミサイル防衛です。
 ハマースのロケット弾は放物線の弾道を描いて飛んでいくだけですが、アイアンドームの迎撃ミサイルは、最良の撃破地点を計算しながら、非常に複雑な軌跡で飛んでいきます。
 今回、ハマースのロケット弾は、スピード、破壊力、数量ともに、2015年の大量発射の時と比べて、著しい向上を見せました。アイアンドームを突破する確率もかなり上がりました。イスラエルは、研究開発費を投じて、アイアンドームの性能を向上させねばなりません。
 一般に、ミサイルの性能を向上させるのは、ミサイル防衛の性能を向上させるのよりも、低コストかつ短期間で可能です。ハマースは、今回は試験的に自爆ドローンも投入しましたが、この程度のドローンであれば、1機500ドル程度でも調達できるでしょう。
 イスラエルとしては、アイアンドームを米国の防衛産業と共同開発しつつ、諸外国に輸出して、生産コストを下げる必要があります。
 パレスティナ人勢力は、数千発のロケット弾(+ドローン)をイスラエル各地に発射するということを繰り返すたびに、コストの増大をイスラエルに強いることができます。その増大の幅は広がり続けています。
 パレスティ人勢力が、数千発のロケット弾を何回か打ったところで、イスラエル国家が揺らぐわけではありません。しかし、数十回繰り返せば、イスラエルのコストが耐えがたくなっていきます。そして、そこにレバノンのヒズブッラーとシリアに駐留するイラン軍が出てくれば、イスラエルは大きな打撃を受けます。イスラエルも当然そういうことはわかっているので、ジリ貧感を持っています。ロケット弾をアイアンドームで防げているからそれでいい、ということはありません。
アイアンドームは2014年の戦闘でも迎撃率9割と言われていたので、その点はあまり変わっていない。大きく変わったのはアイアンドームの迎撃の様子がソーシャルメディアの写真や動画で拡散されたことではないか。
アイアンドームの威力には感服です。イスラエルの国防技術を含むテクノロジーには定評があります。金融業界でもイスラエルの不正検知や本人認証、セキュリティソフトが活用されています。

フィンテックでは、セキュリティのBioCatch、投資のeTro、OurCrowdなどがしっかり資金を集めています。
下記の動画も併せて。
ミサイル防衛の話は技術的にはあったなかで、写真・動画などを見た記憶がなかった。市街地への攻撃で、誰もが撮れるからこうやって世の中に広がっている側面もあるかもしれないが、実際に見えると衝撃。
技術の進化の凄さと、それがこういうところで双方に使われる・使われざるを得ない現実に悲しさを感じる。
https://twitter.com/Jtruzmah/status/1392180564166275075
アイアンドームは凄いとは思うが、迎撃しているのはロケット弾みたいなもの。テロ攻撃には対処できるのだろうが、大陸弾道や極音速ミサイルに対応できるわけではない。本当に凄いディフェンスなら、米国がとっくに導入しているだろーな。
この脅威の迎撃能力を輸出するところに活路を見出すわけですね