新着Pick
174Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Apple Musicで6月から年末までに7500万曲以上がロスレス品質で聴けるようになるとの発表がありました。(ただしAirPodsシリーズは対応してないので注意)
更にDACを使えば最大192kHz/24bitのハイレゾにも対応するようです。
これでApple Musicもようやく音質で他のストリーミングサービスと肩を並べるようになりました。

しかしそれより嬉しいのが、Dolby AtomosによるAppleの空間オーディオがついに音楽でも可能なったこと(今までは映画のみだった)
しかもAirPods、Beats、iPhone、iPadなどDolby Atmos対応の機器で再生すると自動的に空間オーディオとして再生できるようになるそうです。
曲数は数千曲とまだ少ないのですが、追加料金がかからないということもあり、先日日本でも始まったばかりのSONYの360Realty Audioにとっては大きなライバルになりそうですね。

といいつつ、実は自分はこの日が来るであろうと見越して、既にAirPods Max を購入済みです。
今年は3D音源元年となりそうですね。
ますますAirpodsが欲しくなると思わせるニュース。
ハイレゾ、Dolbyで体験する没入感を味わえるとなると一気に音楽鑑賞の体験の質が上がりそうでワクワクです。お値段も据え置きということで継続してアップルミュージックを使い続けることになりそう。
音声について今年は年始から再注目を浴びていて、音楽のクオリティも自ずから更に上質となるのですね。もう少ししたらAirPods Proも新しくなり、音についてのハードが刷新されてソフトも上質となり音声についてのUIも更にグレードアップしますね。在宅が引き続き想定される中、音に対する投資は集中力とリラクゼーションにも貢献されるので支出も増えそうですね。
追加費用無しというのがいいですね。事前の予想だとAirPodsの新モデルもという噂もありましたが、ロスレス配信のみの開示だったんですね。ハイレゾのコンテンツの拡充が楽しみです。もちろんiPhoneのストレージも心配ですが。。
同様のサービスを既に展開しているAmazon Music(HD) は追加料金我必要ですが、アップルに追従するのでしょうか?
高音質の追加費用なしは、アーティストにとって良い事なのか、という議論があるみたいですね。
追加料金無しは良いですね
まあ予想通りの発表。Air Pods Maxはちょっと欲しくなります。
空間オーディオは嬉しい。
アップル(英語: Apple Inc.)は、iPhone、iPad、Macintosh (Mac)、その他ウェアラブル製品や家庭向けデジタル製品、それら諸製品のソフトウェアなどを開発・販売している多国籍企業である。2007年1月9日に「アップルコンピュータ」(英語: Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
241 兆円

業績