新着Pick
6Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中央アメリカ地域をかつて米国は「米国の庭」とみなし、他の勢力の関与を認めず現地も米国を頼りにしていた。米国の隣の国々なのだから。しかし、中国が様々な投資やビジネススタイルを駆使して中央アメリカへの影響力を浸透させている。いま中央アメリカの発展を考えた上で、米国が現地の自律的な成長が始まるような投資やビジネスの活性化をしなければ、中国にお株を取られることになるという記事。ところで中国は遠く離れた中央アメリカへの持続的な投資とビジネス活性化を続けることが可能なのかどうかは未知数。中国の権益保護のための軍事力行使という事態になると米国のほうが圧倒的に優位だから。