新着Pick
895Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
注目のSaaS企業決算をARR額などを基にまとめました。

時価総額を売上高で割ったPSRが20倍以上の企業が何社もいる中で、決算内容や将来性に対する視線は以前より厳しくなっているように見受けられます。HENNGEやプレイドなど決算後以降に大きく株価を下げているケースもあり、昨年つけた高いバリュエーションに対して調整局面に入っているとの見方があります。

今回の決算でARR100億円を超える企業は4社となりましたが成長率にはバラツキでは年率成長+49.9%のfreeeに勢いがあり、数年内にSansanを追い抜くかも知れません。M&Aや海外資金調達など、成長に向けた企業の総合力が求められる中で、ARR200億円を突破してく企業はどこか、今後の展開に注目です。
あっというまにfreeeはARRでマネフォを抜いていきましたね。どちらも使ってますが、単に仕分けするだけの中小企業向け会計ソフトとしてはマネフォの方が従来の機能をキッチリ踏襲して使い勝手良いと今でも感じます。

しかし、SMEの会計ソフトで終わるなら市場は限定的。ユーザーとしても成長していくサービスとしてfreeeに魅力を感じており、成長させる企業はfreee、小規模でちゃっちゃか申告する用はマネフォに使い分けてます。
対象市場の捉え方一つで、株式市場の評価が変わり、事業投資の仕方も変わってくる。
2社の違いを見ていると、経営の醍醐味を感じます。
どっちがいいではなく、違うよねという意見です。
あまりsaas銘柄特集では登場しないサイボウズなども含めた ARR のランキングで眺めていて面白い
NPを提供するユーザーベースも IR の仕方を意図的にSaaS企業という見せ方に変えてきているように、SaaSといえば高い株価がつく状態
PSR(株価売上倍率)というよくわからない指標が登場するのはだいたい、説明がつかない株価がついているという証左
過去にさかのぼれば、ページビューと株価の倍率などが言われた時もありましたね
SaaS企業のランキング。ARRが評価の軸ですね。顧客獲得力=サービス品質なので、ソフトウェア開発に投資しつづけることが大切。そのパワーがあるところが最終的には突き抜けるでしょう。
SaaS事業の成長の水準や目指す指標が述べられていて面白い。
『SaaS企業にとって重要なのはユーザーを製品に定着させ、解約率を低く抑え、定常的な収益を積み上げていくことだ。そのため、積極的な広告投資や人材投資で成長を加速することが「定石」だと言える。
株式市場において、こうした成長投資を優先することが許される「SaaS企業」と見なされるためには「ARR成長率30%」が一つの目安となる。』

また、成長型や高次安定型など、自分達がどこに当てはまるかを考える必要がある。
『「PSRで20倍といった高い評価を維持するにはフリーのようにARR100億円を超えてなお40%成長を期待させる『成長型』か、ラクスのように利益を出しながらも20〜30%成長を続けることができる『高次安定型』になるべきだ。」』
SaaS業界の素晴らしいまとめです。
顔ぶれと日本のDX遅れを見ているとまだまだ伸びそうな企業が多い一方、逆に言うとここからさらに拡大できるかどうかが正念場ですね。
ここに挙げられている事業者のシステムが民間や役所でいろんな場面で見かける事が増えそう。
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。
サイボウズ株式会社(英語: Cybozu, Inc.)は、東京都に本社を置くソフトウェア開発会社。グループウェア「サイボウズ Office」シリーズなどを手掛ける。 ウィキペディア
時価総額
1,350 億円

業績

業績