新着Pick
29Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
バイデン政権の外交スローガンである「ミドルクラスのための外交」は世論重視。世論を見ながら「どっちつかず」という手探りの方向性。
人気 Picker
民主党左派には親パレスチナ議員もおり、共和党政権と比べるとバランスを取ろうとする。しかしはますがロケット砲を撃ち続ける間はイスラエルの自衛権を支持して行動の自由を与えるだろう。
バイデン政権は一方ではイスラエルを支持し、他方で民主党左派に急き立てられてパレスチナにも懸念を伝えるというどっちつかずの立場。現状を収められる力を持つのはアメリカだけなので、バイデン政権がどっちつかずだと長引きそう。
バイデン大統領はパレスチナ自治政府のアッバス議長と就任後初めて電話会談、 イスラエルのネタニヤフ首相とも電話会談しています。