新着Pick
78Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
あくまでコンセプトモデルで、①がリリース。

油圧シリンダを使っていない!リリースにあり、ここが一番の驚き…油圧の駆動源として電力(電気モーター)を使うのではない。建機だと油圧が当たり前と固定観念的に思っている部分もあるが、電動シリンダに置き換わっていく可能性が将来あるのか、今後ニュースフロー追いながら色々考えていきたい。②は椿本の電動シリンダの紹介ページ。

あとMatsunagaさんのコメントと重ねると、Proterraとの協業のPick(③)でもコメントした点で、初期のハイブリッド建機でキャパシタを使っていたのは建機が左右に旋回する際の回転力の回生。こちらもキャパシタと電池と組み合わせたりしているだろうか?(ただデュアルシステムにするとコストは高くなりそう)
31.5kWhの電池というのは、EVでいうと少なめ(Tesla Model 3は50kWhくらいからのはず)。ミニショベルの燃料タンクってどれくらいなのか肌感覚なかったので調べてみたら、同程度のバケット0.09㎥、機械重量3トンクラスだとコマツだとPC30MR。燃料タンクが41-44リットルで、普通の乗用車と同程度。こちらが完全電動ということを考えると、電池も普通のEVと同程度くらいじゃないと同様の利用ができないのではないかと考えると、小さめなのでは、と思った。

https://home.komatsu/jp/press/2021/technology/1218863_1615.html
https://www.tsubakimoto.jp/power-transmission/linear-actuator/electro-mechanical/power-cylinder/
https://newspicks.com/news/5571112
3トンだとミニショベルで定格18kW辺りでしょうか
電動シリンダーではかなりの高出力になりますね
なんかロボットみたいですね。油圧も使わない。酸素が無くても使える。未来感が半端ない。電動化はロボット化ですね。EVと同じ文脈に感じます。
株式会社小松製作所(こまつせいさくしょ)は、東京都港区に本社を置く、日本の建設機械・鉱山機械のメーカー。呼称としてカタカナ表記のコマツを用いている。英表記はKOMATSUである。創業者は竹内明太郎。TOPIX Large70の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
2.67 兆円

業績