新着Pick
292Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
東芝も狙われたのか…。買収話がようやく収まったかと思えば、今度はサイバー攻撃。踏んだり蹴ったり。身から出た錆かもしれないけど。
人気 Picker
サイバーセキュリティは重要性が増すばかりです。私の働いているクロールもサイバーセキュリティを得意分野の一つとしており、ホームページで様々な情報を発信していますので、参考までに。
https://www.kroll.com/en/services/cyber-risk

下記では専門コンサルタントが執筆したインサイトも無料でお読みいただけます。
https://www.kroll.com/en/insights/publications

日本企業の場合、海外拠点の脆弱性をどうするかという視点も重要になります。ITシステムやサイバーセキュリティは本社事項となる事例が多いですが、現地レベルの対策も重要な点です。

また、買収先の子会社は異なったシステムを使用していたり、かならずしも親会社のような意識を持ち合わせていないこともあります。未然の対策が一番であり、不幸にして攻撃を受けてしまった場合には、時間がたてばたつほど被害が拡大する恐れがありますので、専門家を導入していち早く対処し、再発防止策を構築していく必要があります。
カネ目的のサイバー攻撃は、ロシアや中国からのものが多いように感じる。数ヶ月前、新型コロナ対応渦中のフランスの病院も中国からの攻撃の標的とされ、全てのコンピュータが止まったのだが、このときも要求は金銭であった。しかし、払ってしまうと次の犯行を誘発するということで、病院スタッフは紙のメモや連絡で懸命に乗り切っていた。
人質からデータ質に時代は移行している事が鮮明になる記事ですね。
DXは必要だけど、サイバー攻撃集団には標的が増えて嬉しいという悩ましい時代に入ってしまいましたね。

基本こういう人たちは簡単にお金を払ってれそうだったらどの国の誰でも良いわけでしょうから、きっと富裕層も狙われているのでしょうね。
東芝のフランス拠点。。。原子力関連でないことを願います。
アメリカで経営破綻していますが、ウエスティングハウスとの関連はないでしょうか。フランスなら原発関連にもリンクしている可能性があります。

犯行に及んだとみられるハッカー集団「ダークサイド」は、倫理規定を持ち、医療機関や教育機関は標的にしないとされ、企業などに身代金を要求する手口が一般的です。

アメリカの事例では、ハッカー集団に対し日本円で5億5000万円近い身代金が支払われたとブルームバーグ通信が報じています。このニュースは、週末から週明けにかけ、注目しておきたいです。
アメリカ最大級のパイプライン「コロニアル・パイプライン」のシステムがサイバー攻撃を受けたことに関連し「日本時間の14日午前1時すぎ、ダークサイドが、ダークウェブ=インターネット上の闇サイトに設けたサイトに東芝のフランスの拠点から機密情報を盗み出したと犯行声明を出し」たそう。
なぜハッカー集団を検挙出来ないのだろうか。
東芝はお祓いでもしたほうがいいかと、、、
ここまで来たら神頼みしかない。
株式会社東芝(とうしば、英語: TOSHIBA CORPORATION)は、日本の大手電機メーカーであり、東芝グループの中核企業である。 ウィキペディア
時価総額
2.17 兆円

業績