新着Pick
20Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本のパイプというかバックチャンネルが役立ったということではないか。引き続き、国際社会や欧米が今の国軍をどう見ているか、率直な声を粘り強く伝え、暴力の即時停止、被拘束者の解放、民主主義への早期回復を強く求めていってほしい。

NHKによれば、茂木外相は以下のように答弁されている。
「ミャンマー側に対し、累次にわたってさまざまなチャンネルを通じて精力的に当該邦人の早期解放を強く働きかけてきた。その結果、ミャンマー当局が起訴を取り下げ、釈放する旨を発表を行うに至った。」
「今回は相当苦労した。引き続き、在外邦人の安全確保に万全を期していくとともに、ミャンマー側に対し関係国とも連携して暴力の即時停止、拘束された関係者の解放、民主的な政治体制の早期回復を強く求めていく」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210514/k10013030031000.html
生命や身体に別条がなく、日本に帰国されるとのこと。官邸や外務省など関係省庁では24時間体制だったと思います。
本来拘束されるべきでない人を軍部が拘束して、それを解放すると軍部や軍部との「パイプ」を評価するというのは、お人好しすぎる。
虚偽のニュースを広めた罪で起訴され、ミャンマーで収監後に釈放されたフリージャーナリスト、北角裕樹さんについて今日中に帰国が実現しそうと茂木外務相が見通しを示したそう。


ミャンマー、北角裕樹さん釈放へ 国営メディア(AFP)
https://www.afpbb.com/articles/-/3346635
北角氏の解放は非常に喜ばしいが、まだ約45人のジャーナリストが依然として拘留されているという事実を直視しなければならない。日本のメディアも、その事実を報道すべきだ。