新着Pick
96Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
環境問題に向き合う姿勢が有名なパタゴニアからのメールマガジンを読むのですが、ほとんど環境についてのことばかりです。
人気 Picker
衣服や繊維は金属類と異なり、素材としてのリサイクルは不可能ではないがハードルが高い素材だということからも、廃棄ゼロは野心的な目標といえます。
実際のところはサーマルリカバリーやセメント原燃料化などを含めないと達成困難な目標であるようにも見受けられますが、廃棄ゼロをどのように定義するのか気になるところです。

2020年2月にフランスでは「廃棄対策・循環型経済に関する法律」が公布され、衣料品等の売れ残りや在庫の廃棄が禁止となりました。埋め立てや焼却の代わりに、アップサイクルやリユース用として企業同士やNGOに融通する仕組みの構築が期待された法律です。ゴールドウィン一企業が宣言すればよいのではなく、このように業界全体・社会全体での循環網を作り出せるかどうかが、成否を分かつ鍵となりそうです。
アパレルメーカーとしてはアグレッシブな目標ですね。生産計画をより精度の高いものにし売れ残りを減らしていくという流れは今後加速していくと思います。リサイクルで再生するのはNORTH FACEも対象になるのか気になります!

”売れ残りの衣類や余った生地について生産計画などを見直すとともに、リサイクルを進めることで、現在、年間65トン出ている衣類や生地の廃棄を2030年度末までにゼロにする方針を固めました。"
石油業界と一戦交えたノースフェイスとライセンス契約も結ぶ同社。ベーシックなアイテムが多いゆえ野心的な目標を打ち出せる側面があるのでしょうか。
アパレルメーカー単体で取り組むのは非常に難しい問題ですので繊維企業などの協力が必要になってきます。また、ノースフェイスのようにライセンスも売上の多くを占めているので、各ブランドとの調整も大変になってくると思います。ただ、その高いハードルがわかりながらもこの方針を出していくことが重要に感じます。
石油業界に喧嘩を売ったノースフェイスが石油から衣服を作り、それを取り扱っている日本の会社は衣類や生地を現時点では廃棄しているという矛盾。
株式会社ゴールドウインは、スポーツウェア、スポーツ用品の製造販売を行う会社。 ウィキペディア
時価総額
3,084 億円

業績