新着Pick
185Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
後継者は見つからない三つの理由:
1.SBは様々な事業に参入している他、新しい領域にもチャレンジしていくため、雇われ経営者には無理。アップルのように比較的に一筋の製品開発をやってきた企業と異なる。
2.40年以上起業家とイノベータとして活躍してきた孫さんだから持てる物事への判断は、単に会社運営とはわけが違う。
3.Foxconnの郭台銘も後継者探しに苦労していたように、叩き上げでここまで事業を伸ばした起業家の器量、経験と能力に匹敵する人を探すのはまず無理。いたとしても、そういう人はとっくに起業しており、自分のビジネスを転がしている。

SBクラスの企業運営経験がなければ、後継者としてちゃんと仕事が出来るわけもないので、孫さんをAI化した方が早いかもしれません。。。
人気 Picker
1. Plan B=後継者が見つからない場合、いずれかの時点でMBOしファミリーのための資産管理会社にする。昨年の自社株買いはアクティビストの圧力を受けた形であるばかりではなく、将来のMBOの予習だったのではないか。
2. いま考えてみてもウーバーへの出資のやり方は拙速すぎた気がします。地域・業界・成長ステージを適切に分散しながら投資を続け知見を常にリフレッシュすることが必須。持続的な投資会社としてあるべき姿になった気がします。
ウォレン・バフェットは「仕事中に死にたい」と言っているそう。おそらく孫さんもそうでは?ナイキやオラクルも日本電産もそうでしたが、非情ですが何人か試して見つけるんでしょうね。
トップの一番大事な仕事は自分の後継者を育てる、或いは見つけることですね。
リーダーシップ論のハイフェッツは、『最前線のリーダーシップ』で、どうしても変えられないもの、耐えられない痛みはなにか、耐えられる痛みは何かを峻別せよ、と述べていますが、この後継者問題の場合の前者の耐えられない、変えてはならないものは何なのかなと思います。
世界中から優秀な人材を集めているソフトバンクですら、孫社長の後続者探しは難しいのですね。
孫社長は100年に一度の逸材なので、代わりは見つからないと思います。
歴史的に300年続く王朝がほとんどないのは、偉大な指導者の次を引き継げる人がいないからです。
孫さんの300年ビジョンどうなるのでしょうかね。
今生きている人は検証することができませんが。
孫さんの後継者などいないということをご本人も悟られているのではないでしょうか。特に元グーグルの営業トップのニケッシュへの後継失敗以降は。

孫さんと同レベルのハングリーさと直感力を持つ人間が仮に居たとしたら、ソフトバンクに入社するでしょうか。100%一旗立てているはずですので、孫さんの後継者を探すこと自体が矛盾しているとさえ思います。

そういった意味では、後継者が誰になるかよりもソフトバンクの社員全員が孫さんのDNAを受け継ぐことのほうが重要で、アップルがジョブスの死後も伸び続ける理由はそこにあると思います。
まあファンドなんで後継者とかあんま関係ない気がする
新しいビジョンはそれほどいらないが、技術に対する強い関心、ファイナンスへの理解、全体を掌握できるリーダーシップは必要ということ。

インタビュー詳細は下記記事をご参照ください
https://newspicks.com/news/5845903
孫さんレベルの人なんて過去を見ても未来を見てもそういないんじゃないかと思います。その上で、ソフトバンクグループを継承したいと言う人が現れるかどうかと言う問題ですね。
仮に、本当に孫さんが10年並走すると考えるともう見つけていないと遅いレベルなのかな、とも思います。おそらく何人か候補はいるだろうと考えると次の一手が気になるところですね。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く日本の持株会社。固定電話やインターネットに関わるインフラ事業やインターネット・カルチャー事業がある。 ウィキペディア
時価総額
12.5 兆円

業績