新着Pick
28Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
生命に影響がなくてなによりの結果です。加えて、ミャンマー情勢という視点からは、本件に関して笹川陽平氏の名前が国営メディアにより言及されたこと(https://twitter.com/yojiakatsu/status/1392865655662071811)、また、本件との関連性は不明なるも日本ミャンマー協会の渡邉秀央会長がミンアウンフライン総司令官と会談すると報じられた(http://burmese.dvb.no/archives/463619)ことが注目されます。

笹川氏は最近、ブログを更新し「沈黙の外交」と題するエッセイを公開しています。
https://blog.canpan.info/sasakawa/archive/7763
国軍は、米国から政権として承認されなくなる瀬戸際にあります(米国政府が国民統一政府の承認を検討中)。
 国軍に拘束されているミャンマー人のジャーナリストは何百人もいますが、日本人1人の釈放と日本への送還を国営メディアで大々的に報じるのは、国軍が国際的に孤立しているわけではないと宣伝するためです。
 そもそも、何の罪もないのに拘束されたのですが、国軍の宣伝の材料に使われています。
起訴が取り下げられ、北角裕樹さんが釈放されるとの報道。
よかったです!無事釈放されますように。
【ミャンマー、拘束の北角裕樹さんを起訴 大使館は早期解放要求】
https://newspicks.com/news/5819195